家族はどうパニック障害に向き合えば良いか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治・改善していくために、
ご家族や近しい人といった周りの人たちの
理解はとても大切です。


パニック障害、パニック発作というのは、
これは発症した人にしかわからない、
非常に苦しい状態です。


全てを全て理解することは難しいですが、
せめて「理解をしたい」という気持ちを持つ、
歩み寄ることが重要なことなんですね。


そこで、ご家族や近しい人といった周りの人たちは、
どのような部分に気をつけ、どのように接すれば
良いのか?まとめてみました。


【パニック障害を理解するためのポイント】

・仮病や怠けグセ、わがままではなく、
      本人も混乱していることを理解する

・パニック障害とはなにか?知識を吸収する

・精神論や気力で治るものではないと理解する

・回復を焦らずに経過を見守る

・不安や怖さなどに共感を示す

・近づき過ぎず離れ過ぎず、
       適度な距離感で寄り添う



上記が代表となる大きなポイントです。


ご家族や周りの人から見ると、


「なぜそんなこともできないの??」


という現象も見受けられるでしょう。


場合によっては歯がゆく感じてしまったり、
イライラしてしまうこともあるかもしれませんね。


ですが、できないのは本人が怠けたり仮病を
つかっているからではありません。


本人自体もできないことに非常に混乱をしており、
ご家族や周りの人以上にこころのバランスが
崩れやすくなっています。


また、ご家族や周りの人たちが、パニック障害とは
いったい何か?という疑問を持ち、知識を吸収する、
学ぶのはとても良いことですね。


パニック障害とは何かを知ることだけでも、
今後の対応に活かすことができますので。


よく勘違いされてしまうのですが、精神論や
気力、気合で乗り越えられるものではありません。


ご家族の方や近しい人が怒ったり、叱ったり、
怒鳴ったりしてもどうにもなりません。


怒ったり叱ったりするのではなく、
焦らずに経過を見守る姿勢がとても大切です。


パニック発作が起こったり、予期不安の時というのは、
不安定になりやすく常に怯えているような状態です。


怖さや不安に対して「怖くても良いからね」
「不安で良いよ、受け入れてごらん」というような
声がけをしてあげる、共感を示してあげることで、
本人は安心感を得ることができますので。


ご家族や周りの人は、ぜひ上記のポイントを
把握しながら、接して頂ければと思います。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆キャラクターがパニック障害を悪化させている?
◆パニック障害は治そうとすると治らない!?
◆パニック障害完治に役立つとてつもなく簡単な行動とは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.07.27 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて家族はどうパニック障害に向き合えば良いか?












管理者にだけ表示