パニック障害をただ完治させたいだけでは難しい。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたがパニック障害の完治を目指す、
望む理由や目的はなんですか?


実は、どのような目的や理由があるかにより、
パニック障害完治までのスピードは変わります。


そこに明確なものがあればあるほど、
それが大きな力となり、完治までの
スピードを爆発的にすすめていく
んですね。


実は、ただ苦しいから、辛いから、嫌な思いはしたく
ないから、というような漠然とした理由で、
治療などをすすめる人は多いものです。


もちろん、嫌な思いはしたくありませんし、
辛く苦しく、あんな怖い思いはしたくもないでしょう。


もちろんそれらも立派な理由ではあります。


理由にはなるのですが、明確ではっきりとした
ゴールがあったほうが、完治・改善まで
ぶれないことが多いんですね。


完治までいかない、なかなか改善していかない、
というのには理由があります。


その多くは、明確な目的や目標というゴールが
設定されていないため、治療をすすめていても、
ちょっと調子が良くなったら治療を一旦中止して
しまうから
というもの。


もしくは、


「カウンセラーなどの治療者が治してくれるだろう」


というような自発的でなく他人任せ、依存的な発想に
よるものです。


パニック障害の完治・改善までには、
振り子のように良いとき、悪いときを行ったり来たり、
それを繰り返していきます。


良くなってきたところばかりに目を向けてしまうと、
悪い波がきたときに、今までよりも一層と、
自信などを無くしてしまいかねないんですね。


そうなると落ち込みが増してしまい、
完治・改善への意欲そのものを無くしてしまいかねません。


ゴールを設定するのに、
難しく考える必要は一切ありません。


例えば、


「苦手な急行電車に乗れるようになる」

「美容院に行き問題なく髪をカットする」

「映画館で好きな映画を観る」


というようなものでかまいません。


このような目的や目標があるか?ないか?で、
大きな差が生まれますので。


ぜひ一度、あなたが完治を目指す理由や目的、
ゴールは何なのか?を考えてみてくださいね。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたが完治を目指す理由は何ですか?
◆パニック発作は自分が引き起こしている!?
◆パニック障害が完治するには少し条件があります

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.07.07 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害をただ完治させたいだけでは難しい。












管理者にだけ表示