広場恐怖を劇的に克服していくちょっとしたコツとは?その2。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


広場恐怖を克服していくコツ、前回は、


「感情の消化」


についてお話をしましたね。


※参考

広場恐怖を劇的に克服していくちょっとしたコツとは?


広場恐怖克服のための行動をするとき、
先に感じるであろう感情を消化させる
ことが大切、というお話でしたね。


今日は、実際の感情を消化させる方法をお話します。


その前にまず、感情が持つ特徴についてお話をしますね。


感情というのは、それを認めなかったり拒否をする、
否定すると大きく膨らんでいきます。



そして、その逆、感情を素直に認め、肯定し受け入れて
いくことで、小さく縮んでいくんですね。


多くの人は、怖さや不安、悲しみ、怒りなどの
湧きあがったネガティブ感情に対して、


「大丈夫大丈夫、怖くなんてない!」

「悲しいなんていっていられない!」

「いつも不安を感じてしまう私ってダメだ・・」


というように、無理やり抑え込んでしまおうと思ったり、
見ないようにしてしまう、ということをします。


これは、湧き上がっている感情を認めない、
否定する、拒否するにあたるので、
ますますその感情は膨らんでいってしまいます。



ですが、その逆、


「私は怖い、怖さを感じてもちろん良いんだなぁ」

「私は悲しい、もちろん悲しくても良いよ」

「私は今不安を感じている、不安でOKだ」


とうように、そっくりそのまま認めてしまう、
受け入れてしまうことで、スーッとその
感情が縮んでいくんですね。



感情を消化させていくコツは、「私はそれで良い」
ということをじっくりと感じてみる、味わい尽くす、

ということです。


ネガティブな感情を感じている部分に手を当て、
上記の言葉を数回唱えながら、じっくりと
感じてみましょう。


繰り返し実施していくことで、
段々と感情の消化が上手くなっていきますよ。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治を促進させる言葉の使いかたとは?
◆過去の傷はパニック障害を強力にします
◆これをするとパニック障害は長期化します

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.07.04 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法広場恐怖を劇的に克服していくちょっとしたコツとは?その2。












管理者にだけ表示