パニック障害を治そうと思うと治らない?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは今、
パニック障害の完治を目指す、改善に向けて
色々と取り組んでいるでしょうか?


自己改善法やセルフセラピーをする、専門家の
カウンセリングを受ける、他の民間療法を試して
いる、など様々かと思います。


パニック障害の完治、改善に向けて取り組んでいく
ことは素晴らしいことですし、色々な効果を
感じることもあるでしょう。


ですが、もしあなたが何をしてもいま一つ
効果を感じられない、はっきりと改善に
向かっている気がしないのであれば、
それはポイントがずれているからかもしれません。



このポイントがずれていると、いかなることを
試し見ても効果が低く、改善に向かっているのか?
不安になってしまうかもしれないんですね。


治そうと思って行動しているのに、逆に
治らないというスパイラルに陥ってしまう
可能性があるものです。


もしあなたが今のところ、効果を感じられて
いないのであれば、その理由として、


“パニック障害の症状だけに着目してしまっている”


可能性が高いからなんですね。


どういうことか?と言いますと、
大切なことはパニック障害の症状そのもの
ではなく、それがなぜ引き起こされたのか?
という根本を解明していくことが必要になるからです。



引き起こされた根本の原因や要因などを見ず、
症状だけを抑え込もうとしても、一旦はうまく
いくかもしれませんが、ほぼ必ずぶり返しがきます。


「火の無い所に煙はたたず」


ということわざがありますが、それと同じです。


煙だけに着目して消そうと思っても火種がそのままで
あれば煙が出続けるように、パニック障害の症状だけに
着目しても、症状は出続けてしまうんですね。


重要なことは、なぜパニック障害が引き起こされたのか?
どのようなことが絡み、どのような事が自分の中に起き、
そして発症に至ったのか?


それらを見つめ、解明をしていき、なおかつ解消していく
必要があります。


それにはやはり、一度専門家のカウンセリングを
受けて頂くのがよいでしょう。


もし原因や要因はこれだ!を感じていたとしても、
それをうまく解消する、切り離していくには、
専門家の知恵を借りるのが一番の近道だからです。


よければ一度、カウンセリングの扉を叩いて
みてください。


思いがけないところに原因や要因が
隠されていたことに、気がつくかもしれませんよ。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害に怯えない毎日を過ごすために
◆「焦らずゆっくり」行動することでパニック障害は後退していく
◆なんでも悪い方に考えるクセがありませんか?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.06.09 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害を治そうと思うと治らない?












管理者にだけ表示