パニック障害完治のカギになる2つの感覚とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治には、
カギになる、ある2つの感覚があります。


この感覚は多くの人が感じていることであり、
うまくこの感覚を解消することができれば、
おのずとパニック障害の完治へつながっていく

というものなんですね。


私三木のカウンセリングでも、この感覚があるか?
確かめることが多く、ある場合はそれを視野にいれて、
カウンセリングをすすめていきます。


では、カギになる2つの感覚とはいったいなにか?


それは、


“圧迫感と閉塞感”


という2つなんですね。


なにかわからないけども、圧迫されているような、
同じように閉じ込められているような、
そのような感覚が漠然とあるんですね。


これは、幼少期の体験や経験から発生している
ことが多く、ほとんどは親や近しい人との接触
から生まれています。


例えばですが、親からの厳しいしつけや教育、
怒られた、叱られた経験や体験、イジメ、
虐待、なにかしらのトラウマなどが起因と
なっている場合がほとんどです。


また、これが原因だ!とすぐにわかることは少なく、
ほとんどは無意識のなかで感じているんですね。


あなたがもし、この圧迫感や閉塞感を感じていたら、
それをカウンセリングによってうまく崩していく
ことが、大きなポイントになります。


この2つを解消していく、和らげていくためには、
カウンセラーなどの専門家の力を借りるのが、
一番の近道でもありますので。


一人で悩むことなく、ぜひ、
専門家にカウンセリングを依頼しましょう。





三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害が完治するには少し条件があります
◆繋がりを感じて孤独を解消する方法とは?
◆パニック障害に「ストレッチ」は有効です

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.05.18 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害完治のカギになる2つの感覚とは?












管理者にだけ表示