思考を変えて予期不安を抑えていく方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたはいま現在、
予期不安に苦しんでいないでしょうか?


「パニック発作が起るかも・・・」


と考えてしまう、つい意識してしまうのは、
つらく苦しいものですよね。


予期不安というのは、未来に起こるかもしれないことを、
不安の先取りをして考え続けてしまう、という状態です。


考えないよう、意識しないようにすればするほど、
考え続けてしまう、意識し続けてしまう、という
罠に陥ることも少なくありません。


そこで今日は、思考を変えることで予期不安を
抑える方法をお話しますね。


まず、先ほどもお話しましたが、考えないように
すればするほど頭から離れなくなり、考え続けて
しまうものです。



ですので、一切考えないようにするのではなく、
まったく反対のことを考える、意識する、という
習慣をつけてしまう、というものなんですね。


これは、いわば思考をリフレームしてしまう、
違う枠組みにしてしまう方法です。


例えばですが、


「発作が起こるのではないか・・・」
⇒「発作が起こると決まってはいない」

「電車に乗ってるとき発作が起きたら嫌だ・・」
⇒「電車に乗ることと発作が起きることは関係がない」

「ここで過呼吸になってしまったら・・・」
⇒「思っているだけで過呼吸が起こるとは限らない」


という感じで反対の考えかたを取り入れていく、
という方法です。


リフレームした言葉を頭の中で何回か繰り返す、
口に出して唱えてみるのが良いでしょう。


人間は習慣の生きものですので、思考のクセ、
思考習慣を変えていくことが、予期不安を
和らげる一つの方法になります。


まずは、どのようなことを考え、自分を不安に
させているか?チェックしてみるのが良いですね。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「大丈夫、大丈夫」は大丈夫でなくなる?
◆強烈な2つの体験はパニック障害に引き金になります
◆「ゼッタイ無理」を覆した奇跡

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.04.14 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法思考を変えて予期不安を抑えていく方法とは?












管理者にだけ表示