できない自分を責め続けると・・・

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治を目指すとき、
色々なことにチャレンジする必要があります。


それは、苦手な場所に行ったり乗りものに乗ったり、
今までの考えかたを修正していったりと、様々です。


「チャレンジする」というのは、本来であれば、
避けていたいことに対し、面と向かって立ち向かう
行為のことです。


考えるのも嫌だったり、逃げ続けていたいと考える
こともあるでしょう。


それはそれで、とても自然な現象ですので、
何も問題はありません。


身体の状態や体調の良し悪しによっては、
無理をしないことも大切な要素の一つでも
ありますので。


ですがそれの他に、チャレンジをすることによって、
気をつけなければいけないことがあります。



気をつけること、これの注意を怠ると、完治・改善に
すすまず、逆に悪化してしまう可能性があるもの

なんですね。


ではいったい、チャレンジをするうえで
気をつけなければいけない事とは何か?


それは、


“チャレンジしたができなかった自分を責めてしまう”


ということなんですね。


自分を責める、というのは、いわば自分自身を
マイナスな存在であると強めていってしまう
行為になります。


「やっぱりできない私はダメだ・・・」

「こんなこともできないなんて・・・」

「できない自分は本当に劣っている・・」


というようなことを考えてしまうと
どんどんとマイナスが強化されていって
しまうんですね。


では、マイナスが強化され続けていくと、
どうなるのか?


それは、できないことが更にできなくなり、
全てのマイナスが引き寄せられてしまいます。



人間は強く希望するもの、
なりたいと思う姿になっていきます。


頭でそれをイメージし、強い感情がそこに
ともなうことで、それが現実に起こってしまいます。


少々オカルト的に?聞こえるかもしれませんが、
これがいわゆる、


「引き寄せの法則」


というものなんですね。


何回も何回もくり返しくり返し、
できない自分を責め続けてしまうことで、
あなたの中の意識(潜在意識)は、
それを更に強める、維持しようとがんばります。


人間ですので、マイナスな気持ちになったり、
考えになることもあるでしょう。


ですが、本当に大切なことは、
できていること、ガンバっていることに
キチンと目を向ける、認めていくことです。


行動的にはやってもできなかったかもしれませんが、
やろうとした気持ち、動こうと思ったその考えは、
すでに大きなプラスです。



小さなプラスに気づく、行動だけではなく、
気持ちや考えがプラスなことに気づいていく。


できないことを責め続けているのであれば、
まずはそういったことをキチンと認めていく、
目を向けていきませんか?




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治を促進させる「ある状態」とは?
◆無理しないことがパニック障害完治には必要です
◆パニック発作を解消させる感情消化法とは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.04.10 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてできない自分を責め続けると・・・












管理者にだけ表示