病院で適切な治療を受けるために必要なこととは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


心療内科や精神科に行くとき、
できれば適切な治療をすぐに受けたいですよね。


実は、病院という施設において、
適切な治療を受けるためには、ちょっとしたポイントがあります。


このポイントを把握しているか?していないか?
によって治療内容が大きく左右するおそれがあるんですね。


せっかく行くのですから、一発で最適な治療を
受けたいものです。


ではいったい、把握しておいたほうが良い
ポイントとはなにか?


基本的にはやらない、言わないほうが良い、
というものなんですね。


そのポイントはいくつかあるので挙げていくと、


・「自分は〇〇病(障害)だと思う」と推測を伝えてしまう

・「〇〇(薬の名称)が必要です」と自分の考えを伝えてしまう

・悩んでいること、困っていることなどを、
 延々と伝えようとしてしまう

・優しい、温かな言葉をもらおうとする

・診察が終わっても長居しようとしてしまう。


というものです。


心療内科や精神科というところは基本、
薬物によって症状を抑えこむための機関です。


よって、医師がお話する内容は、何の種類の薬を
処方し、どのくらいの量を飲んでもらい、期間は
どのくらいにするか?というのを決めるために、
対話をします。


決して、辛さ、苦しさを話しによって緩和させよう、
良いアドバイスを伝えよう、温かく迎え入れて
あげよう、というふうには考えないものです。


もちろん、全ての医師が上記の態度で治療に臨む
わけではありませんが、緩和させるために話をしっかりと
聴く、という医師はめったにいないものです。


対話というコミュニケーションを通し、症状を緩和させていく、
根本からの改善へ促すのはカウンセラーやセラピストの
領域ですので、医師の領域ではないんですね。


現在の状態をできるだけ簡潔に伝え、専門用語は
話さず、薬の処方についても触れない、ということを
守れば、適切な治療を受けることは可能です。


基本的に医師というのは、とてもプライドが高い
職業であり人たちですので、上記のことを
できるだけ守ることをおすすめします。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆一体いつまで薬を飲まなければいけないのですか?
◆最適な病院や医師を選ぶコツについて
◆数秒で過呼吸を解消する方法とは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.02.28 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて病院で適切な治療を受けるために必要なこととは?












管理者にだけ表示