パニック障害の裏にあるものとはなにか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が発生した原因や要因とは別に、実は、


“裏側に隠されているもの”


があります。


パニック障害の方、ほぼ全員にそれは隠されて
いるとも言えるもので、もちろんあなたも
例外ではないかもしれません。


その“裏側に隠されているもの”を適切に解消していく、
取り除いていくことで、パニック障害の完治・改善が
大きく進むものなんですね。


ではいったい、その“裏側に隠されているもの”とはなにか?


それは、


怒り(腹が立つ)


という感情です。


この感情に気がついている、わかっている人は、
多くありません。


ほとんどの人は、自分自身の中に「怒り」という感情が
あることさえもわからないものなんですね。


ではなぜ、「怒り」という感情が内面にあるのか、
そして「怒り」がある理由はなんなのか?


それは、


“パニック障害が自分に起こったことに対する
          理不尽さ、自由を奪われた不自由さ”


という理由によるものなんですね。


パニック障害の多くの人は、ある意味、
パニック障害に抗えずに負けてしまっている状態
と言えます。


抵抗できず、抗えず、ただただ不安や恐怖に
飲みこまれています。


抗えず飲み込まれてしまうことによって、
戦意を喪失せざるを得ない状態とも言えるんですね。


大切なことは、内面に隠されている「怒り」を
キッチリと理解し、内面から吐き出すように、
解消させていくことです。


解消させる方法は多々ありますが、
ノートにあらゆる怒りについての気持ちを
書き出していくノート法か、大きな声で、
「怒り」を吐き出すように叫ぶ方法などが良いでしょう。


自分の感情、とくに他の感情に飲み込まれている
場合は、、なかなか気がつかないものです。


理不尽さ、自由を奪われた、という怒りを理解して、
パニック障害の完治・改善を目指していきましょう。


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。



【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆パニック障害を一人で抱え込んでいませんか?
◆パニック障害を根本から消し去る「魔法の言葉」とは?
◆自己暗示で完治を遅らせていませんか?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.02.11 10:20 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害の裏にあるものとはなにか?












管理者にだけ表示