広場恐怖を克服する絶対的な方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


どこか特定の場所や状況にてパニック発作が起きる、
もしくは発作の兆候が訪れることを、


「広場恐怖」


と言います。


例えば、電車やバスなどの車内、映画館や美容室といった
施設、自分が苦手とするところ、などですね。


パニック障害の人は必ずしもこの「広場恐怖」が
あるわけではありませんが、「広場恐怖」を抱えている
人は、ことのほか多いものです。


そんな広場恐怖ですが、それを克服していくための
方法というのがあります。


ある意味当り前のことなのですが、


「苦手とする場所に慣れていく」


というのが一番確実であり、近道なんですね。


ですが、やはり慣れていくためにも段階と
いうのがあります。


いきなり苦手な場所に身を置いても苦しくツライ
だけですので、徐々に慣れていくための
ステップというのを踏んでいく必要があるんですね。


そのステップで大切なことは、


“6~7割の出来で止めておく”


というものです。


人間はバイオリズムの生きものですので、
調子が良いときもあれば、調子が悪いときもあります。


調子が良いときは、ついついバンバン進んで
しまいたくなりますが、それをあえて止めておく。


あくまで、無理をしない範囲に留めておく、
というのが大切なことでもあります。


できるだけ、調子が良くても悪くても、
一定の成功経験を積み重ねていくのが望ましいんですね。


調子が良くてもここまで進んだ、調子が悪くても
ここまで進んだ、というように、できるだけ差が出ない
ようにするのがポイントです。


調子が良いからとガンバリ過ぎない程度に、
コツコツ進んでいくのが良いでしょう。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆“いい加減”な状態がこころを軽くする
◆姿勢を正してパニック発作を解消するコツ
◆パニック発作は日頃のシュミレーションで回避できます

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.02.10 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて広場恐怖を克服する絶対的な方法とは?












管理者にだけ表示