電車に乗るときの不安を解消する方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたは電車や車、バスなど、乗り物に対しての
不安を感じていませんか?


乗りたいけど不安が強い、各停ならまだ乗れるが、
急行や新幹線は無理、込んでいる車内はもうダメ、
など色々な理由があると思います。


以前に、乗り物にまるわることでパニック発作が起きた、
発作に近いことを経験した、ということで苦手意識が
働き、行動に歯止めをかけているのでしょう。


こういった場合、行動だけしてなんとか身体を慣れさせようと
すると、かえって不安が強くなってしまうことがあります。


行動して慣れていくのは、もちろん有効な方法なのですが、
そこにいくまでの順序があるんですね。


行動して慣れていく前にすること、それはまず、


“不安感情を消化させる”


ということなんですね。


不安感情をある程度消化させ、そして電車に乗るなどの
行動を伴わせるのがベストな方法です。


その、不安感情を消化させる方法ですが、


1)まずは深い呼吸を意識する。

2)次に不安を身体のどの部分で感じているのか?
 を探り、その部分に手を置く。

3)不安を感じながら、「不安を感じても良い、不安で良い」
 という言葉を口に出し、数回自分に伝える。

4)何回か繰り返し、不安が和らいでいく感覚を
 しっかりと感じる。



となります。


ちょっとしたポイントとしては、


「あぁ、私は別に不安を感じてもいいんだなぁ。」


と楽に、ゆるく考えてみることです。


この方法は違う感情、例えば、怖さや悲しさ、
怒り、といったものにも有効です。


普段からこの方法を実践しながら、電車に乗る練習を
していけば、徐々に行動範囲が広がっていきますよ。


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆パニック発作をリズムをとることで解消する方法とは?
◆考え方を真逆にするとパニック障害は完治する?
◆あなたが感じる不安や恐怖を無視してはいけません

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2014.12.21 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法電車に乗るときの不安を解消する方法とは?












管理者にだけ表示