パニック障害は夫婦関係でも発症します。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害というのは、
色々な原因、要因によって引き起こされます。


実は、大きな原因、要因の一つとして、


“円滑でない夫婦の関係性”


ということも絡んでいる場合があります。


ここで言う“円滑でない夫婦の関係性”というのは、


・お互いの気持がすれ違っている

・何か発するとケンカになってしまう

・思いやりを持てない

・顔も見るのも嫌に感じる

・話しをするのも努力を要する

・ベッドを共にしたくない



全てではありませんが、上記が挙げられます。


こういった場合、パートナーの存在自体が
ストレスとなってしまうので、それが元で
パニック障害が引き起こされてしまう
んですね。


このようなことが起きると、多くの場合は、
パートナーの性格、行動、考えかたを
変えたいと願うようになります。



「パートナーが変われば、
     辛い思いをしなくても済むのに!」


というようなことを考えがちになるんですね。


ですがそれは、多くの場合うまくいきません。


「過去と他人は変えられない」


と言いますが、人が人を変えることは、
一切できません。


性格や行動、考えかたが変わるというのは、
その人の中で変えたいという希望があり、
なおかつ変えるための努力をしたときにだけ起こります。



他人がコントロールして、
変えることはまず不可能なんですね。


ですが、そうは言っても、パートナーが変わることが、
私のパニック障害が治ることに必要だ、
と思う人もいるでしょう。


パートナーが変わればパニック障害が治る、
でも他人を変えることは出来ない・・・


そんなとき、どうすればいいのか?


それは、


ストレスを抱えないよう自分自身が変わる


というのがベストな選択なんですね。


相手を変えることに努力するのではなく、
自分がストレスを感じなくするように変わる。


これが、一番確実な方法であり、
一番の近道になります。


もし、あなたがパートナーを変えたいと思って
いるのであれば、その努力を自分自身を
変えることにつかってみませんか?

===================

11/15(土)さいたま市で開催!

「パニック障害の基礎知識と対処法を学ぶ」

詳細は↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-458.html

===================

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆怒りっぽくなっていませんか?(アンガーアタック)
◆「怒り」という感情を溜めこみ過ぎてしまうと・・・
◆パニック障害完治へ山もあれば谷もあります
2014.11.14 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害は夫婦関係でも発症します。












管理者にだけ表示