うつ気分の解消には「〇〇を正す」ことも大切です。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間は感情の生きものですので、
時と場合によっては


“うつ気分”


になってしまうこともあります。


「うつ気分」というのはその名の通り、
ちょっと落ち込んでしまうような
気分が下がってしまった状態のことですね。


あなたもいくらか経験があると思います。


以前ですが、そんなうつ気分を解消するには、


呼吸を意識すること


というお話をしました。


※参考
上手な呼吸はうつ気分を解消します


呼吸を意識することも大切なのですが、
もう一つしっかりと意識してみることで、
うつ気分を更に解消できる方法があるんですね。


では、もう一つのその方法とは何か?


それは、


“姿勢を正す”


という、いたってシンプルな方法です。


“姿勢を正す”というのを簡単に説明しますと、


1)背中を真っ直ぐにし胸を張る

2)あごを若干上げ気味にする



と、たったこれだけです。


俗にいう「良い姿勢」というものですが、
この姿勢を保ちながら呼吸を意識して
みることで、徐々にうつ気分が和らいでいきます。



この姿勢をする際、座ったままでも、立ったままでも、
どちらでもかまいません。


ポイントとしては、腰に少し力を入れ背中を
反らすような感じで胸を張ることと、
あごを少し持ち上げ気味にすることです。


アンソニーロビンズという、アメリカの有名な
コーチがいるのですが、


「感情は動作から変えることができる」


と広く伝えていて、この方法はそれを
応用したものなんですね。


「うつっぽい気分だな」「落ち込んでいるなぁ」
と感じたとき、ぜひ上記を意識して実践してみて
くださいね。


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治へのスピードを上げる方法とは?
◆パニック障害完治を促進させる「ある状態」とは?
◆体重増加は危険なサインかもしれません
2014.11.01 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害に関わる他の病理うつ気分の解消には「〇〇を正す」ことも大切です。












管理者にだけ表示