パニック障害完治を遅らせる思考とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


普段の生活のなかで、
色々と考える場面もあるかと思います。


よりよい結果にたどり着きたい、白か黒かを
はっきりさせたい、明確なものを提示したい、
など、あらゆる場面で「考える」という行動は、
根付いているものですよね。


ですが、そんな「考える」という行動も、
時としてパニック障害完治への弊害
なることがあります。


ではいったい、どのような考えかた、
思考が弊害を及ぼすのか?


ですが、それは、


・パニック障害は完治しないものという考え

・0か100かどちらかが答えという考え

・自分を卑下する、自虐的な考え



というのが、
多く見受けられる思考パターンですね。


まずは、パニック障害は完治しないもの、という
考えですが、これは間違いな考えです。


パニック障害は不治の病ではありませんし、
世界が注目する難病中の難病ではありません。


誰にでも起こる可能性があり、そして、
誰にでも完治することができるものです。



何にも特別なことではないのですが、
自分の中で完治できないものと
作り上げているだけ
なんですね。


ある意味、自分自身の能力、価値などを
値引きしているとも言えます。


改めて、自分にはパニック障害を治すだけの
力があり、それは当たり前にできることだ、
という気づきを得ることができれば、
完治まではそう遠くないでしょう。


また、物ごとを0か?それとも100か?という
考えかたも、自分を苦しめる原因となり、
パニック障害完治が遠くなってしまう原因となります。



これには、中間地点を認める、受け入れる、
という新たな考えかたが必要になり、
世の中は0か100かでは動いていない、
ということに気がつくことが大切です。


昨日出来ていたことが今日出来ないから0、
という考えかたではなく、今日は少ししか
出来ないけど、出来ることももちろんある、
としっかり意識することが必要
です。


そして、自分自身を卑下する、自虐する、
というのは、こころがとても傷つく行為です。



あなたはあなたであって、
ただ本当にそれだけで存在価値があります。


この広い世界で、たった一人しかいないあなたを、
すすんで傷付ける必要はありません。


ダメな私、価値の無い私、と考えるのではなく、
ダメな所もあるが良いところももちろんある、
ただ生きているだけ、それだけで価値がある、
と新たな考えをセットすることが大切
なんですね。


パニック障害完治を促進させていくためにも、
新たな考えかたを自分自身の取り入れていく
ことが大切です。


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害が長引いてしまう人の特徴とは?
◆パニック障害で陥りやすい思考と行動とは?
◆数秒で過呼吸を解消する方法とは?
2014.10.30 22:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害完治を遅らせる思考とは?












管理者にだけ表示