パニック障害を撃退するのに必要な「未来思考」とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の一つの特徴として、


“マイナス思考に陥る”


というのが挙げられます。


今現在の状態や、将来的なこと、仕事のことや
プライベートなことなど、色々なことに対して、


「明るい未来を見いだせない」


という思いに陥り、
身体のエネルギーが下がった、覇気が無くなる、
というような状態になります。


よく「病は気から」という言葉がありますが、
これは気が抜けているから病になる、
というように使われますが、本来はそうではありません。


“気”というのは体内エネルギーのことです。


覇気があり適切なエネルギー状態でないと、
元々備わっている自然治癒力も活性化されず、
病は治りにくくなる、という意味なんですね。


ですので、少しでも覇気を上げる、
体内エネルギーを上げるためにも、
マイナス思考は避けていくことが必要なんですね。


そこで、マイナス思考を避けるため、
簡単にできる考えかた、思考法があります。


その思考法とは、


「明るい未来思考」


というものです。


「明るい未来思考」」というのはその名の通り、
将来待っている明るい未来をイメージし、
それがすでに叶っているという状態を感じ、
自分の中にインストールしていく
、というものです。


実際の方法ですが、


1)紙とペンを用意し、将来なっていたい姿、
 やりたいことなどを思いつくまま具体的に書く

2)書き出したあと、それをじっくりと眺め、
 何も問題なくそれができているのをイメージする

3)出来れば朝起きたあと、夜眠る前の
  2回おこなう



と、これだけです。


ただ、一つ書き出す、イメージするのに
コツがあります。


それは、


・書き出すときは希望的な書きかたではなく、
 成し得ている書きかたにする

・イメージするときは、身体を楽な状態にさせ、
 空想のなかで思いきり楽しむ



ということなんですね。


「~になるといいな」「~だったら嬉しい」ではなく、
「~をやっている」「~に行ったが楽しかった」
というような、問題なく実現しているように書く。


イメージを膨らませ、その中で楽しめば楽しむほど、
将来、その姿は実現をします。



パニック障害を完治させていくため、
一つの方法として、ぜひやってみてくださいね。

===================

※残席わずかです

2014.10/26(日)開催!
「パニック障害1DAYカフェ&
            際限なき質問タイム」


詳細・お申込みは下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

===================

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治にはアガル音楽が有効です
◆パニック発作を解消させる感情消化法とは?
◆パニック発作を起こさないコツについて
2014.10.23 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害を撃退するのに必要な「未来思考」とは?












管理者にだけ表示