書き出すことで不安を消していく方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「不安」という感情は、
パニック障害と深いつながりがあります。


もしかしたら、あなたも「不安」な状態で
毎日を過ごされているかもしれませんね。


「不安」は人間が持つ本能的な感情の一つ
ですので、「不安」自体を消すことはできません。


「怖さ」という感情もそうですが、未来に起こるかも
しれない危険を予測し、身を守るために備わっている
とても大切な感情です。


ですが、パニック障害というのは、この「不安」「怖さ」
に対する感度が高く、過敏に働いてしまっている
状態ですので、何らかの方法を用いて感度を下げていく
必要がある
んですね。


そこで、過敏になっている「不安」や「怖さ」を
和らげていく、感度を下げていく方法があります。


とても簡単な方法なのですが、効果は高く、
特に場所も選びません。


ではいったい、その方法とはなにか?


ですが、それは、


“不安に思っていることを書き出して整理する”


というシンプルな方法です。


用意して頂くのは、紙と書くものだけです。


実際のやり方ですが、


1)何が不安なのか?どのように不安なのか?
           自分の頭にある全ての不安を思い描く

2)頭の中で思い描いたら、
         おもむろにそれを全て書き出す

3)全て書き出したら、書いた紙を裏にして、
                10分ほど違うことをする

4)10分経ったら、書き出した不安の内容を見直し、
 「これらは私が描いた空想であり事実ではない」
 と何度か言葉に出す

5)ひとしきり言葉に出し見直し終えたら、
                 その紙を破り捨てる



という、上記の5項目を実施して頂くだけです。


「不安」というのは、ある意味自分が思い描く
空想でありイメージのことです。



そして、その多くは実際に起こり得ることは
ありません。



自分で不安を感じ、自分で不安を膨らませ、
自分で自分を追いつめてしまっている状態
なんですね。


ですので、一旦頭の中にある不安なイメージを紙に
書き出して視覚化し、それは事実でないということを
ハッキリと認識していくことで、不安の感度は
下がっていきます。


個人差がありますので、最初から上手くできる
人もいれば、なかなか進まない人もいるでしょう。


一つの方法として、
ぜひ実施してみてくださいね。

===================

※残席わずかになってきました。

2014.10/26(日)開催!
「パニック障害1DAYカフェ&
            際限なき質問タイム」


詳細・お申込みは下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

===================

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害は振り子のように完治していきます
◆パニック発作を減らすのに役立つリラックス法とは?
◆嫌われたくない気持ちがパニック障害を長引かせる
2014.10.21 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法書き出すことで不安を消していく方法とは?












管理者にだけ表示