パニック発作を眼球運動で解消する方法。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作を、
眼球運動によって解消する方法
があります。


そもそも、動物が持つ「眼球」というのは、
脳にダイレクトに情報を与える器官ですので、
脳と密接な関係があるんですね。


パニック発作というのは、危険ではない場所や
状況を危険であると脳が誤認識してしまうことにより
引き起こされるもの
です。


ですので、脳に別な情報を与え、
意識を逸らし続けることで発作を解消することが
可能になる
んですね。


これは発作の対処法としてだけでなく、
不安を感じているときや、予期不安の
気配を感じたときにも有効です。


では、実際のやり方、方法をお話しますね。


1)座る、立つ、どちらでも良いので、
 姿勢を正し真っ直ぐな状態にします。

2)まず深い呼吸を意識しながら、頭は動かさずに、
 両目をしっかり開き左右に5往復ほどゆっくりと
 目を動かします。

3)左右が終わったら、今度は上下に
 両目をゆっくり5往復ほど動かします。

4)上下が終わったら、今度は右回り5往復、
 左回り5往復と、グルっと往復分動かします。

5)4まで終わったら、発作や不安の状態を
 確認し、必要であれば2~4を繰り返します。




方法自体は非常にシンプルで簡単であり、
場所問わずどこでも出来るものです。


この方法を実践するうえで、気にかけておきたい
ポイントが3つあります。


それは、


1、目を動かしながら、目に入ってきたもの、景色、
 風景、状況を把握し、これは何でここはどこで、
 というように脳に認識させる。

2、できないと感じることがあっても途中で止めず、
 最後までやり抜く。

3、呼吸が気付いたら浅くなっていないよう、
 深い呼吸を常に心がけておく。



というものです。


この方法は、実際に眼球を動かしていくことで、
トラウマやうつ気分の解消に役立つ心理療法を
モチーフにしたものなので、うまく実施できると、
効果は非常に高いものなんですね。


日頃から眼球運動のシュミレーションをしておくと、
いざというときに役立ちますよ。


===================

※お席に限りがありますのでお早目に

2014.10/26(日)開催!
「パニック障害1DAYカフェ&
            際限なき質問タイム」


詳細・お申込みは下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

===================


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆どんな改善法より強力な武器になるものとは?
◆パニック発作の耐性を作る「イメージ呼吸法」とは?
◆パニック発作を気楽に感じられるコツとは?
2014.10.13 11:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法パニック発作を眼球運動で解消する方法。












管理者にだけ表示