笑顔を意識することでパニック障害は軽減する?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


嬉しいときや楽しいときなど、そんなときは、
自然と「笑顔」になるものですよね。


基本、人から笑顔を向けられると嫌な気持ちに
なりませんし、逆に「受け入れられている」といった
安心感につながりますね。


実は、


“笑顔とパニック障害には深いつながり”


があります。


パニック障害だけでなく、笑顔が自然とできる、
楽しい、嬉しいとこころから感じられる感度の高い人は、
こころの病になりにくい、という統計結果があります。


これは、「幸せ感」という感情がキーワードに
なっているんですね。


この「幸せ感」をよく感じやすい人ほど、
脳内から快楽物質が放出されやすいという特徴があります。


結果、細胞が活性化されたり自然治癒力が向上され、
負のエネルギーを弾き出しやすくなるので、
こころの病になりにくいんですね。


笑顔が出ずらく、楽しめないし嬉しい感情が乏しいほど、
マイナスオーラ、負のエネルギーが強まり、
どんどんマイナスのスパイラルに陥ってしまいます。



マイナスのスパイラルに陥っている人は、
表情が硬く暗く、伏せ見がちになってしまうものです。


そういった表情や雰囲気がパニック発作を
寄せ付けているといって良いかもしれません。


「行動から感情を変えることができる」


という言葉があります。


笑顔を出す、楽しい、嬉しい、という感情も、
行動を変えることによって変化させることは可能です。


行動を変えるとは、「笑顔」を常に意識するということ。


それほど楽しくなくても、嬉しい出来事がなくても、
「笑顔」を意識し、「笑顔」をすぐ出来るようにしておくこと。


笑顔を意識しておくだけで、心持が変わり、
気分も徐々に上向いていきます。


パニック障害、パニック発作というものは、
「幸せ感」に包まれている人を最も苦手とします。



パニック障害を完治させていくため、
今日からちょっとずつ「笑顔」を意識してみませんか?


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆プラス面に目を向けることの重要性
◆ある言葉を使って内面から改善する方法とは?
◆「笑うこと」はパニック発作解消になぜ有効なのか?
2014.09.22 22:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて笑顔を意識することでパニック障害は軽減する?












管理者にだけ表示