それはパニック発作ではないかもしれません。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の症状は人により様々ですが、
中でも多いのは、


“胸のドキドキ感”


ではないかと思います。


突然なにか息苦しくなり、その息苦しさが増すほど、
胸のドキドキ感も比例して増えていきますよね。


そして、実はパニック発作とは関係ないにも
関わらず、


胸のドキドキ感 = パニック発作


と関連付けしてしまっていることが多々あります。


どういうことか?と言いますと、実は普段の生活の
中で、ドキドキ感を経験することは多々あるものです。


例えばですが、


・寒暖の差から発生するドキドキ感

・身体を動かしたことによるドキドキ感

・緊張する場面でのドキドキ感

・お風呂など湯気による息苦しさからのドキドキ感



などですね。


胸のドキドキ感というのは、パニック発作でも、
上記による状態でも、何ら変わりはありません。


ですが、多くの人は、
自分の身に起こるドキドキ感全てをパニック発作での
ドキドキ感であると間違えてしまいます。



本来はまったく関係がないのに、発作の
ドキドキ感だと反応してしまうんですね。


これはある意味しかたのないことかもしれません。


ですが、胸のドキドキ感を感じたとき、


「これはパニック発作のドキドキではないのでは?」


と、ちょっとだけそれを疑ってみることで、
普段より落ち着いて対処することができるでしょう。


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆鼻歌はパニック発作に意外な効力を発揮します
◆過呼吸をコントロールする、その方法とは?
◆パニック障害で自分を責めていませんか?
2014.09.20 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてそれはパニック発作ではないかもしれません。












管理者にだけ表示