「現状認識」することでパニック発作から逃れる方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたはどのようなときに、パニック発作
起りそうな気分を感じますか?


例えば、


・車を運転しているとき

・電車に乗っているとき

・買い物でデパートなどにいるとき

・人込みの中にいるとき

・買い物でレジに並んでいるとき

・美容院で髪をカットしているとき

・病院の待合室にいるとき



など、様々な状況があると思います。


パニック発作を起こさない、うまく避けるコツは、


“パニック発作に意識をいかに向けないか?”


ということが大きなカギになります。


このブログでも、過去何度か意識を逸らすという
ことをお話してきましたね。


パニック発作が起きてしまったとき、または
パニック発作の予感を鎮める方法
として、
今日は新たな対処法をお伝えします。


その新たな対処法とは、


「現状認識」を活用する


という方法なんですね。


この対処法はどういうものか?
と言いますと、


今、自分自身が置かれている状態を客観的に
観察し、状況を頭の中で繰り返してみる、
といった方法です。


では、実際のやり方をご説明しますね。


1)発作が起きた、起きそうな気配を感じたら、
 まずは深い呼吸をする


2)深い呼吸をしながら自分の周囲を見回し、
 自分がいる場所、環境、状態などを把握する


3)周囲をゆっくり見回しながら「私は今〇〇にいるだけ」
 「私は今〇〇で買い物をしているだけ」など、
 言葉に出したり、頭の中で繰り返す



といった、比較的簡単な方法です。


ポイントとしては、まず呼吸に意識を向け、
ゆったりと深い呼吸をおこないます。


そして、今自分はどこにいるのか?どのような
環境にいるのか?周囲を見回しながら、
今置かれている現状を認識します。


そして、現状を認識したら、


「今私は〇〇にいるだけ」
「今私は〇〇の中にいるだけ」
「今私は〇〇で買い物をしているだけ」


というように、客観的に何かをしているだけ、
という言葉を何回か繰り返し声に出して唱えたり、
頭の中で繰り返してみるだけです。


あくまで「~しているだけ」という、
無理でもなく難しい状況でもないことを
意識に落とし込んでいくんですね。


人間は習慣の生き物ですので、この方法も
シュミレーションして習慣にしておくと、いざというときに
役立ちます。


ぜひ、活用してみてくださいね。


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作の対処がうまくいかない理由とは?
◆パニック発作をコントロールするには呼吸を意識することです
◆パニック発作をリズムをとることで解消する方法とは?
2014.09.18 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法「現状認識」することでパニック発作から逃れる方法とは?












管理者にだけ表示