これをするとパニック障害は長期化します。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治を目指していくうえで、
一つ気をつけなければいけないことがあります。


知らずにこれをしてしまうと、最悪の場合、
パニック障害が長期化してしまう恐れがある
んですね。


出来るだけ早くパニック障害から抜け出したい、
というお気持ちは最もであり大切なことです。


ですが、意外とこれを知らずにやってしまい、
パニック障害の長期化へ陥ってしまう
ことが多々あります。


ではいったい、気をつけなければ
いけない事とはなにか?ですが、


それは、


“個人の考えで薬の服用を中断する”


ということなんですね。


最初から服用していない、もしくは
服用を始めたばかり、というのであれば
話しは別です。


問題となるのが、1ヶ月以上~数年にわたって
薬を服用している場合
なんですね。


薬を服用してから数日が経過すると、
身体は徐々に薬に対しての耐性が
できあがってきます。


薬という物質に対して身体が慣れてくる感覚、
という感じですね。


そして、薬の副作用も落着きだし、段々と
薬の効果が表れてくるという状態になっていきます。


身体に薬が入ってくるのが当たり前な状態、
ある意味バランスが取れた状態となるんですね。


そこで、かなり続けてきた薬の服用を個人の判断で
止めてしまうと、今まで習慣的に身体に入ってきた
物質が入ってこないため、身体はバランスを
崩してしまうことになります。



急激な変化に身体がついていけなくなって
しまうんですね。


そして、多くの場合は強烈な離脱症状に
陥ってしまい、そのままパニック障害が
長期化されてしまいます。


本来は徐々に飲む量を減らす減薬をしながら、
薬の服用を中止していきます。


決して個人の判断で薬の服用は中止せず、
担当医師と相談のうえ、減薬していくことが
大切です。


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆薬を飲まないと完治できませんか?
◆「セルフイメージ」を持つことの重要性
◆抗うつ薬と抗不安薬のメリット・デメリットとは?
2014.09.10 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識これをするとパニック障害は長期化します。












管理者にだけ表示