パニック障害を食事から改善していくポイントとは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間の身体を作っているのは食べものです。


動物も同じですが、食べものによって私たちの
身体は構築され、成長、活性化することにより、
エネルギーとなり、活動することができています。


いわば、食べものを摂るというのは、健康的な身体になり、
健康を促進していくうえでの基本部分なんですね。


身体が良い状態でエネルギーがあり健康的であれば、
こころの状態も悪くならないものです。


今日は、そんな食事からパニック障害を
改善していくポイント
などをお話しますね。


まず、食事において、
出来るだけ気をつけたいことは、


身体を冷やす食べものを摂りすぎない


ということが挙げられます。


身体が冷えてしまうと、内臓器官の働きも鈍り、
様々な弊害を招いてしまうことが多いものです。


例えば、下痢であったり、消化吸収の鈍化、
胃の不快感、または気分の落ち込みの促進、
エネルギーの低下、などがあります。


そういった意味では、例え暑い日でも、
出来るだけ温かい食事を摂るということが
望ましいんですね。


「万病は身体の冷えから」とも言われるように、
こころの状態も冷えを出来るだけ避けていく
ことで大きく改善されていくことが多いものです。


また、食事のバランスにも気を配ってみる
ことをおススメします。


例えば、ラーメンやうどん、パスタ、丼ものなどの
炭水化物が主食の場合は野菜をプラスする、
単品の食事よりかは定食にする、などですね。


食事の質を変える、気を配ることも、将来的に
パニック障害を完治させることにつながっていきます。


簡単なこと、今出来ることから始めてみませんか?


ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆その食生活はパニック発作を引き起こす
◆アルコールは一時的にパニック発作の不安を消します
◆コンビニ弁当はパニック発作を誘発する!?
2014.08.30 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害を食事から改善していくポイントとは?












管理者にだけ表示