なんでも悪い方に考えるクセがありませんか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害に悩んでいる多くの方には、
ある共通する考え方があります。


それは、何でも悪い方悪い方に考えてしまう、


“悲観的思考”


と呼ばれるものです。


「出来ないだろう」
「きっとダメだ」
「私には無理」


というような、最初からNOと決めつけてしまい、
自分自身の行動を制限してしまうことですね。


「思考は現実化する」と言いますが、本当は
出来るかもしれないのに、出来ないと頭で考えたり、
発言すると、それは現実化してしまいます。



最初から出来ない、無理というレッテルを貼って
しまっているんですね。


私のカウンセリングでは、考え方や行動を
適切なものに変えるべく、これをやってみませんか?
と提案することがあります。


全員ではありませんが、多くのクライアントさんは、
「それはちょっと無理・・・」という顔をされることが
あります。


それは、既に頭のなかで、出来ない方の自分だけ
イメージしてしまい、結局無理だと自己完結している
場合が多い
んですね。


人間はイメージできる生き物ですので、
過去の行動が上手くいかなかった場合、
きっと今回も上手くいかないと決め込んでしまいます。


ですが、大切なことは、


「過去に囚われるのではなく、
        今できることをやってみる。」


ということです。


あなたは今まで、パニック障害になってから、
上手くいかない、出来ないことが増えてきた、
普通であれば何でもないことに躊躇ってしまう、
ということを経験してきたかもしれません。


ですが、人間は過去には生きられません。


「今、ここ」というリアルタイムな現実の
世界で生きています。


「きっと出来ないだろう・・」 ⇒ 「やれば出来るかも」

「私にこれは無理だ」 ⇒ 「無理と決めつけているのは自分」

「今回もダメだろう・・」 ⇒ 「今回は出来るだろう」


というように、一旦頭の中の考えを再思考してみる、
否定を肯定に変えてみる。


ただこれを繰り返し、日々行動してみる。


出来ない、無理、というレッテルを
自分の手で剥がし、適切なものへ
張り替えていきませんか?


===================

2014.7/27(日)開催!
「パニック障害・ご家族のための
            支援方法を学ぶ講座」


詳細は下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓

     内容など詳細はこちら

===================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆カウンセリングを受けても効果を得られない理由とは?
◆パニック障害が完治しないのには理由があります
◆パニック障害は壁を乗り越えることで完治していく
2014.07.11 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてなんでも悪い方に考えるクセがありませんか?












管理者にだけ表示