パニック障害が嫌がり苦手とする意識とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


普段の生活の中で、気分の浮き沈みは
よくあることですね。


良いことがあればプラスの意識になり、
逆に嫌なことがあればマイナスの意識に
なってしまうものです。


バイオリズムのように、山もあれば谷もある、
といったように、気分というのは変化していきます。


バイオリズムの絵


実は、意識上気にかけておくだけで、
パニック障害の弱点になるもの
があります。


この意識を持っている人をパニック障害は嫌がる、
苦手とする、といったものなんですね。


では一体、どのような意識を持てば良いのか?


それは、


プラスの意識を持つ、心がける


ということです。


パニック発作が起きてしまうと気分が沈みがちになり、
マイナスな意識になってしまいがちですよね。


嫌だな・・・不安だな・・・発作が起きたらどうしよう・・・
というマイナスな意識を、パニック障害は好みます。


そこであえて逆の思考、嫌ではない、不安ではない、
発作が起こるとは限らない、というように
プラスの意識を持つことで、パニック障害は
遠のいていくんですね。


ですが、いきなりプラスの意識を持つことに
抵抗を感じるかもしれません。


そこで、より良くプラスの意識を習慣にするため、


「今日出来たこと日記」


をつけることをオススメします。


どのようなものでも良いので、ノートを一冊用意し、
一日の終わり頃に今日出来たことを書き綴っていく、
というだけの方法です。


・外出することが出来た

・電車の駅まで歩いていくことが出来た

・レジに並ぶことが出来た

・車の渋滞で焦ることなく乗り切ることが出来た

・一人で家にいることが出来た



など、出来たことを何でも書いていくというものです。


出来ないことではなく、小さなことでも出来たことに
目を向けることで、いつしかそれは自信になり、
プラスの意識を持ちやすくなります。


ぜひ、今日からプラス意識を持つこと、
習慣にすることをやってみてくださいね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆コーピングをうまく使ってやり過ごす
◆こころが弱いからパニック障害になるのですか?
◆その経験はパニック障害の完治を先送りさせます
2014.07.04 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(2) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害が嫌がり苦手とする意識とは?

今日初めてプログを拝見いたしました。
私は、就活をしなければならない年齢なのに不安神経症、パニック障害になってしまい困っています。
でも、このプログには参考になりそうなことがたくさん書かれているので活用していきたいと思います。

2014.07.05 09:26 URL | ちよ #Xi7Bfmj. [ 編集 ]

ちよさん

はじめまして。
ブログをお読み頂きましてありがとうございます。

ぜひ活用して頂ければと思います^^

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

2014.07.05 19:06 URL | 三木ヒロシ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示