パニック障害とストレスは密接なつながりがある。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「パニック障害」というこころの病気は


「心因性精神障害」


というものに分類されています。


今はあまり分類しないようなのですが、
基本的には、


1、外因性精神障害
2、内因性精神障害
3、心因性精神障害


といった3つの区分けが存在します。


1の外因性精神障害というのは器質的なもの、
例えば感染や外傷、血管損傷によって起こる
ものと、脳以外の身体疾患から脳が機能障害を
起こすことによって起こるものがあります。


アルコール中毒や薬物中毒、痴ほう症なども
こちらに含まれるんですね。


2の内因性精神障害は、脳内の神経伝達物質の
異常によって引き起こされるものです。


例えば、うつ病、躁うつ病、統合失調症などが
これにあたります。


3の心因性精神障害は、悩みやストレスから
生じるもので、神経症や心身症などがこちらに
あたります。


パニック障害は悩みやストレスから発症する
ものと認識されており、神経症の一つとして
考えられているんですね。


そして、そのストレスによってパニック障害に
陥るメカニズムがあります。


まず、あなたに降りかかる何かしらの
刺激が発生します。


そしてその刺激は自分にとってどのようなものか?
評価をするんですね。


自分にとって無関係なものか?良いものか?
または悪いものか?


その自分で下した評価、それが悪いものと
評価されるとストレスを引き起こす要因
となるんですね。


発生したストレスに対処できず、負けて
しまうと、症状として現れることになります。


その現れる中の一つにパニック障害
ある
んですね。


適切にストレスを解消する術を持ったり
適切なカウンセリングを受けることは
とても大切です。


自分に起きているストレスを知ることが、
パニック障害完治に向けて重要なことに
なります。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害に適したカウンセリングがあります
◆身体の緊張を素早く緩める方法
2013.03.26 12:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害とストレスは密接なつながりがある。












管理者にだけ表示