パニック障害に必要な食事の摂り方とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「食事」というのは動物である以上、
必要不可欠なものですよね。


人間も、もちろん動物ですので「食事」
というのは生きていくうえで大切な要素になります。


楽しい食事はストレス解消になったり、気分が安定し、
活力になったりするものです。


そんな大切な食事ですが、実は、パニック障害の方は
食事の摂り方に気を付けなければいけないことがあります。


カフェインを抑え気味にする、などは良く言われていますが、
それとはまた違った大切なことがあるんですね。


その大切な事とは一体なにか?ですが、


それは、


“身体を冷やす食べ物は出来るだけ避ける”


ということなんですね。


これから更に暑くなっていく時期ですが、
冷たい食べ物ばかり摂取しないように
気をつけることが大切です。


ではなぜ?冷たい食べ物の摂取は良くないのか?
と言いますと、身体が冷えることにより免疫力が
低下する、内臓が冷えることにより自然治癒力の
機能が低下する
、ということが挙げられます。


「冷えは万病の元」と言われますように、
ほどほど冷やすのは良いのですが、暑いからと
身体を冷やし過ぎてしまうのはよろしくありません。


出来るだけ温かいものを食べるのがベストですが、
どうしても冷たいものが食べたいときには、


「生姜(しょうが)」


を出来るだけ取り入れるのが良いでしょう。


生姜は身体を温める効果があり、なおかつ
食欲増進、消化を助ける、といった働きがありますので、
夏バテ予防にもうってつけです。


暑さによってパニック発作を引き起こさないためにも、
食事内容を気を付けることは大切ですね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を引き起こす食べ物とは?
◆気分を安定させるのに役立つ食べ物とは?
◆質の良い睡眠のための5つのルール
2014.07.03 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害に必要な食事の摂り方とは?












管理者にだけ表示