パニック発作が運転中に起こったときの対処法。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは車の運転中、ふいにパニック発作に
襲われたことはありませんか?


または、運転中の予期不安で頭の中が
いっぱいいっぱいになったことはありませんか?


その多くは、高速道路上であったり、信号の
右折待ち、渋滞などがきっかけとなることが
多いようです。


実は、車の運転中でもパニック発作を抑える方法は、
普通の対処法と同じなんですね。


運転中だからといって、何も難しいことは
ありません。


ですが、場合によって止められるのであれば、
車を止めて対処法を実施して頂いたほうが確実です。


では、その対処法をお伝えしますと、


1)できるだけ窓を開けておくようにして、
 外気に触れる


2)背中を出来るだけ真っ直ぐにして、
 呼吸法を実施する


3)呼吸法を実施しながら「私は怖くて不安で良い」
 と胸の中で唱え、怖さや不安を受け入れる
 


となっています。


まず、外気を取り入れることで、
密閉した空間だという緊張を和らげます。


外の空気に触れることで閉塞感を無くし、
安心感を感じるためですね。


そして、よりよい呼吸ができるように背中を
真っ直ぐにし、呼吸法を行います。


前傾姿勢だと呼吸が浅くなりがちですので、
胸を堂々と張り、深く長い呼吸法を
繰り返します。


呼吸法を実施するかたわら、怖さや不安を
受け入れる言葉を胸の中で唱えることで、
気持をより落ち着かせる効果があるんですね。


一連の流れがスムーズにできるように、
普段からシュミレーションをしておくのが
良いでしょう。


対処法を一つ覚えておくだけでも、
安心がだいぶ違ってくるのではないでしょうか。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆呼吸法でパニック発作をコントロールする
◆過呼吸をコントロールする、その方法とは?
◆息を吐くだけでパニック発作を緩める方法とは?
2014.06.17 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法パニック発作が運転中に起こったときの対処法。












管理者にだけ表示