姿勢を正してパニック発作を解消するコツ。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは予期不安のときや、発作が起こったとき、
どのような姿勢をしていますか?


ほとんどの人は前傾姿勢であったり、
前かがみのような姿勢をとっていることが
多いものです。


実は、予期不安に支配されない、発作の解消を
早めるために、ある一つの有効な方法が
あるんですね。


その有効な方法とは、


姿勢を変えてみる


というものです。


人間は動きや姿勢から感情を変えることができます。


嫌な感情、例えば不安や恐怖などを、姿勢を正す、
有効な姿勢に変えることでポジティブな感情に
変化させることが可能なんですね。


では、その実際の有効な姿勢ですが、


“背中を真っ直ぐにして胸を張り、
            あごを軽く突き出す”


というものです。


予期不安や発作が始まってくると、どうしても
身体の重心が前に前にいってしまうものです。


嫌な感情をそのまま抱え込んでしまうような
姿勢になってしまうんですね。


そこで、背中を真っ直ぐ正し、胸を張りあごを
軽く突き出すことで、嫌な感情が解放されていきます。


呼吸が浅く早くなっている場合もありますので、
姿勢を正すと同時に呼吸も深くゆったりと
することを意識してみましょう。


実際の予期不安や発作が始まったときは、
あわててしまい、覚えていたことができない
ことが多々あります。


毎日の生活の中で、ぜひ実践して習慣に
しておくと、いざというときに役に立ちますよ。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆身体の緊張を素早く緩める方法
◆予期不安から楽に抜け出す方法とは?
◆気持が身体に与える影響は強烈です
2014.06.15 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法姿勢を正してパニック発作を解消するコツ。












管理者にだけ表示