「不安」という感情を0にすることはできません。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の多くは、


“不安という感情”


に支配されているといっても
過言ではありません。


パニック障害を起こす多くの方は、
元々が不安を感じやすい体質である、
ということが統計からわかっています。


パニック障害になったから不安感情が高くなった、
というよりは、元々の不安体質がパニック障害に
よって露呈された
、という感じですね。


そして、これは多くの方が陥ってしまうことなのですが、


不安という感情を消す


ということにフォーカスしがちです。


「発作の不安さえ感じなければ」
「予期不安を早く無くすには・・」
「一刻も早く不安を消し去りたい!」


ということを頭で考えてしまいがちなんですね。


ですが、実は、不安という感情を0(ゼロ)
にすることはできません。



不安という感情を、自分の中から一切無き者に
することは不可能なんですね


なぜ不安を消し去ることができないのか?
それは、不安という感情が人にとって大切な役割を
担うことがあるからなんですね。


例えば、不安を抱くことが無ければ、危険なことを
危険な事として察知することができません。


不安感情によって、「この先は危ないかも」という
ある程度の見通しを立てることができるので、
日常の生活を送ることができるんですね。


ですので、あなたがパニック障害の完治を目指して
いくうえで大切なことは、


不安を消し去るのではなく、不安に対しての
敏感さをコントロールできるようになる



ということなんですね。


パニック障害というのは、危険だと感じる
アラームが敏感に働いてしまっている状態です。


その機能を調節していく、微調整していくことが、
非常に大事なんですね。


不安を消し去ることに集中するのではなく、
不安をコントロールできるようになること。


ぜひ、頭の片隅にでも置いておいてくださいね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作の心配をすぐに解消する方法とは?
◆呼吸法でパニック発作をコントロールする
◆パニック発作解消に必要な3つのこと
2014.06.13 10:00 | パニック障害の基礎知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の基礎知識「不安」という感情を0にすることはできません。












管理者にだけ表示