パニック障害完治には「客観的な見かた」が有効です。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


一つのカウンセリング・テクニックなのですが、
パニック発作を解消するのに、


「客観的な見かた」


という方法をアドバイスすることがあります。


「客観的な見かた」というのは、パニック障害の
自分自身を、あたかも自分ではなく違う人に
パニック発作が起きているような視点を養う、
というものですね。


これにはちょっとしたコツがいるのですが、
慣れれば誰にでもできるパニック障害完治
へのメソッドです。


頭の中でイメージしながらすすめていくので、
何処ででもできる方法なんですね。


手順としては、


1)頭の中で映画館の大きなスクリーンをイメージし、
その中にパニック発作が起きたときの自分を映し出す

2)そのスクリーンの中からそっと抜け出し観客席に移動し、
スクリーンに映っている自分のような人を見る

3)「スクリーンに映っているのは一つの映画であり、
私は今観客席にいる」とスクリーンに映っている人を
客観視する


という流れです。


慣れれば慣れるだけ、上手くパニック発作自体が
客観視できるようになっていきます。


「パニック発作が起きているのは、自分ではなく、
自分のような人に起きているんだ」


という思考の切り替えがスムーズに
できるようになるんですね。


ただ、やはり最初のほうはなかなか難しく
感じるものですので、コツなどはカウンセリングで
お話をしています。


これを会得すれば、パニック障害完治への
大きな武器になりますよ。

======================
応募受付終了まであと5日!

「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」
お申込みフォーム↓ ↓ ↓ ↓ ↓

     受け付け終了いたしました。     

======================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆何をもってパニック障害完治とするか?の重要性
◆パニック障害を再発させない心構えとは?
◆カウンセリングに重要な3つの効果とは?
2014.06.02 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法パニック障害完治には「客観的な見かた」が有効です。












管理者にだけ表示