パニック障害は否定的な思考を好みます。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、ご質問です。


あなたは日頃、


「出来ない」
「無理」
「難しい」


というような、否定的な言葉であったり
考え方を多用していませんか?


もし多用している、ということであれば、
ちょっと注意が必要です。


なぜ注意が必要なのか?と言いますと、
否定的な言葉や考え方というのは、


実際に出来ないことばかりの人間へと進化
させてしまうから
なんですね。


パニック障害において出来ないことばかり
というのは、完治を目指すうえで大変不利に
なってしまうんですね。


例えば、日頃からパニック発作への対処法を
練習し習慣にしていたとしましょう。


習慣にしているので、身体ではいざというときに
対処法ができるだけのスキルは備わっています。


ですが、いざパニック発作時になると、対処法は
出来るはずなのに、


「うわ、出来ない・・・」
「この状況では無理・・・」
「本番では難しい・・・」


という言葉や考えが優先されてしまい、
出来るものも出来なくなるといった
事態に陥ります。



それが続いてしまうと、


「やっぱり私には完治なんて無理・・・」


という諦めに結びついてしまう可能性が
高いんですね。


言葉というのは“言霊”とも言いますように、
本来とても強力なものです。


人は言葉や考え方によって、気分が上がる
ときもあれば、逆に落ち込むこともあります。


良い機会ですので、今まで否定的な言葉や
考え方を多用していたのであれば、


「出来ない」 ⇒ 「私には出来る」
「無理」 ⇒ 「可能だ」
「難しい」 ⇒ 「簡単」


というように、言葉を反対に変換する
クセをつけてみるようにしましょう。


======================
すごい勢いでお申込みが殺到しています!

「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」
お申込みフォーム↓ ↓ ↓ ↓ ↓

    受け付け終了いたしました。

======================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「ゼッタイ無理」を覆した奇跡
◆パニック発作を脱力で消し去ってしまう方法とは?
◆パニック障害を完治させたくない人はいますか?
2014.05.30 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害は否定的な思考を好みます。












管理者にだけ表示