パニック発作は日頃のシュミレーションで回避できます。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


カウンセリングやメール相談にて、
パニック発作の対処についてお話を
聴くことが多々あります。


内容としては、


「対処しようとしても、いざ発作が
          起きたとき出来なかった」


というものが多いですね。


頭では対処法はわかっているけども、実際に
予期不安に遭遇したり、発作が起こったときに、
うまく対処できなかった、というものです。


いざそのときになって対処できなかった、
というのには、実は確実な理由があるんですね。


その理由とは、


“普段からシュミレーションをしていない”


ということが挙げられます。


頭で対処法のやり方や順序などを記憶することは
もちろん大切ですが、でもそれを頭で覚えている
だけでは、それを発揮できることはまずありません。


頭で覚えているだけでは、実際の予期不安や
発作が起きたとき、思考が不安や恐怖に
乗っ取られてしまうから
なんですね。


パニック発作が起きたときの体感覚を脳が
記憶しているので、どうしても思考が不安や
恐怖に乗っ取られてしまいます。


ですので、肝心の対処法のやり方や順序などが
頭から飛んでしまうんですね。


これは仕方のないことです。


ですが、人間は習慣の生き物ですので、普段から
対処法をシュミレーションしておくと、いざというとき
身体が自然に反応します。



いわば、スポーツのように反復練習をしておくと、
いざというとき身体が勝手に反応するように
なるんですね。


一日の中、どこかの時間で、予期不安や発作が
起きたときの対処法をシュミレーションしてみる。


普段からのちょっとした心がけで、驚くほど
効果を実感できますよ。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆呼吸の仕方をマスターするとパニック障害は解消します
◆広場恐怖からすぐに抜け出す裏ワザとは?
◆カウンセリングのメリットとデメリットとは?
2014.05.25 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法パニック発作は日頃のシュミレーションで回避できます。












管理者にだけ表示