あなたが感じる不安や恐怖を無視してはいけません。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害において、


「不安」「恐怖」


という2つの感情は、いわば代表的な
感情と言えますね。


現在パニック障害の多くの人は、この
2つの感情に圧倒的に多くさいなまされています。


実は「不安」や「恐怖」という感情は、人間が生まれ持った
本質的な感情の一つと言われており、自分の中から
消し去ることができない感情です。


もし、「不安」や「恐怖」を感じなければ、危険な
ものが危険と認識されず、事件や事故、ケガ
などが絶えませんよね。


ですのである意味、人間が生存していく、危険を
回避していくためには必要不可欠な感情と
言えますね。


パニック障害というのは、この「不安」や「恐怖」
といった感情が、とても敏感に作動してしまう、
危険ではないものを危険と誤認識してしまう病です。


そして、多くの人は、その「不安」や「恐怖」
という感情を無きものにしようとしたり、
拒否や無視をしてしまおうとします。


「大丈夫、大丈夫」

「こんなのは気のせいだ」

「そのうち消える」


という風に、そこには無いもののように
扱うことが多々あるんですね。


ですが、実はこれは、「不安や「恐怖」を
知らずにどんどん大きくさせていってしまいます。



無視すればするほど、拒否すればするほど、
どんどんどんどん、増大してしまうんですね。


ですので、あえて認めてみる、受け入れていく
ことができると、「恐怖」や「不安」という
感情は消化されていき、小さくなっていきます。



「私は今怖さを感じている、怖くても良い」

「私は怖い、もちろん怖くても良い」

「私は不安を感じている、もちろんそれはOKだ」


というように、認める、受け入れてしまうことで、
感情はどんどん小さくなり、身体の緊張も
ほぐれてきます。


無視したり拒否するのではなく、認めて
受け入れる。


普段から練習し慣れておくと、いざというときに、
落ち着いて対処できますよ。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治に深く関わっている感情とは?
◆あなたは他人を恐く感じていませんか?
◆「悪の感情」はパニック障害に影響を与えます
2014.05.20 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法あなたが感じる不安や恐怖を無視してはいけません。












管理者にだけ表示