内因性うつ病とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と併発しやすい他の病気として、


「内因性うつ病」


という病気があります。


前回は「過敏性腸症候群」


のお話をしましたね。


※参考 ⇒ 過敏性腸症候群とは?


うつ病にもたくさんの種類があります。


例えば、メランコリー型うつ病(一般的にうつ病と
呼ばれるもの)、躁うつ病(ハイテンション、
ローテンションが繰り返される)、仮面うつ病
(身体が不調の裏にうつ病が隠れている)、など
これはほんの一部ですが、まだまだ沢山種類があります。


「内因性うつ病」とは、ストレスや環境によって誘発
されるうつ病ではなく、体質や遺伝によって発症する
うつ病と言われています。


ですが、この「内因性うつ病」はなぜ発症するのか?
はっきりとした原因が解明されていないんですね。


身体や脳内の内部変化によって引き起こされると
考えられていることから「内因性」と呼ばれています。


症状としては、なかなか寝付けない、途中何度か
目が覚める、朝早く目が覚めてしまうという睡眠障害、
過食や拒食による体重変化、朝調子が悪く、夕方に
なるにつれ調子が上がるパターン、などがあります。


これといったことも無いのに気分が落ち込む、
感情の起伏が無い、疲れやすい、疲れているが
ぐっすり眠れない、などがあれば「内因性うつ病」
を疑ったほうが良いかもしれませんね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
パニック障害と併発する可能性があります
◆過敏性腸症候群とは?
2013.03.21 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示