不安や恐怖の感情を全て消すことはできません。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作への不安や恐怖というのは、苦しいし、
とても嫌なものですよね。


できることであれば、不安や恐怖そのものを
この世界から消し去りたい!と思うことも
少なくないのでは?ないでしょうか。


パニック障害というのは、実は最終的に、


"不安・恐怖との闘い”


になるんですね。


ある程度、パニック障害が緩和・改善されてくると、
今度は発作が実際に起こることよりも、起こったら
どうしよう?という不安が頭から離れないことが
多くなります。



この不安は、俗に言う


「予期不安」


というものですね。


パニック発作が起こってしまった恐怖よりも、
起こるかもしれない、という不安に意識を
持っていかれている状態です。


実は、この予期不安を無くそう無くそうと
努力していくと、逆に予期不安は離れなく
なっていく
、という状態に陥ります。


予期不安を無くそうとすることは、予期不安自体に
集中してしまうことになるので、考えていないよう
でも、頭から離れなくなってしまうんですね。


そして、とても大切なことなのですが、
不安や恐怖という感情は人間に必要な
感情なので、根本から無くすことはできません。



パニック発作そのものは、危険ではないものを危険だと
認識エラーを起こしている状態ですので、これは危険
ではないと再認識していくことで発作は止まります。


ですが、不安や恐怖という感情は、身体がその感覚を
覚えているので、その感覚を身体から抜いていくことは
並大抵ではないんですね。


では、一体どうすれば一番良いのか?


それは、


「徹底的に不安や恐怖を認める、受け入れてしまう」


という方法です。


その気持ちを拒否せず否定せず、やり方はただ、


「私は今不安(怖さ)を感じている、それで良い。」

「私は不安(怖い)で良い、もちろん不安(怖い)だ。」

「もちろん私は不安で怖い、それでOKだ」


という風に声に出し、ただ、認めて受け入れていくだけ
なんですね。


感情は認めないと増えて大きくなり消えにくく、
認めていくと小さくなり消えやすいという
特徴があります。


声に出して認めてみる。簡単な方法ですので、
ぜひここから始めてみることをオススメします。


===================

5/18(日)・5/22(木)開催!
「パニック障害完治を目指す
         1DAYワークショップ」


詳細は下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓

完治を目指す1DAYワークショップ詳細はこちら

===================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治に深く関わっている感情とは?
◆脳はパニック発作を記憶してしまう
◆「腹が立つ」を抑えてしまうと危険です
2014.05.02 17:30 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害について不安や恐怖の感情を全て消すことはできません。












管理者にだけ表示