「破局的な見かた」がパニック障害完治を左右します。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害のクライアントさんの多くは、


「破局的な見かた」


に囚われています。


別の言い方をすると、


「認知の歪み」


とも言うものです。


これは


「パニック発作で私は死んでしまう!」


という思考に陥ってしまい、
事実が歪んでしまってる状態のことなんですね。


パニック発作によるあまりの恐怖感で、
身体が死への恐怖を感じてしまうために
起こるものです。


ですがパニック障害、パニック発作自体で
死んでしまうことはありません。



パニック障害の完治・克服に向けて、
この「破局的な見かた」を変えていく必要があります。


「パニック発作では死なない」


と自分の中にちゃんと落とし込む必要が
あるんですね。


三木のカウンセリングで、


「呼吸が荒くなり心臓がドキドキする」


とクライアントさんがパニック発作の状況を
細かくお話をしてくれます。


そんなとき、クライアントさんの中では


呼吸が荒くなり心臓がドキドキする
 ↓
パニック発作が起こる
 ↓
死んでしまう


という一通りの公式が働いていて、
関連付けをしています。


ですが、実際は呼吸が荒くなり心臓がドキドキ
しているだけなので、それは運動をしたときも
同じ状態になりますよね。


呼吸が荒くなり心臓がドキドキするのは
これも例えばですが、異性に恋をした
場合も同じような状態になります。


呼吸が荒くなり心臓がドキドキする
 ↓
恐いことではない
 ↓
これで死んでしまうことはない


という違う公式がクライアントさんの
中で出来上がれば、おのずとパニック発作
への恐怖は薄れていきます。


カウンセリングでは「歪んだ認知を正常にする」
というのも大切なプロセスなんですね。


事実をしっかりと把握する気持ちを
持つことも大切ですね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治へちょっとしたコツ
◆突然パニック発作に襲われたときの対処法
2013.03.19 22:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて「破局的な見かた」がパニック障害完治を左右します。












管理者にだけ表示