「悪の感情」はパニック障害に影響を与えます。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたは誰かのことを
恨んでいたり、憎んでいたりしていませんか?


・めちゃくちゃ腹が立っている

・過去起こった出来事に対して恨んでいる

・どうしようもないほど憎んでいる



といったような気持ちですね。


結構多くの方が小さな頃に、


「人を憎むんじゃありません」

「恨んだりしてはいけないよ」


といったようなことを、親だったり
先生だったり、教えられてきました。


ようは、そういったことを表面化せずに
我慢することが美徳とされ、清らかだと
言われてきたんですね。


また、恨んでいたり憎んでいたりするけど、
とてもお世話になり感謝しているので、
そんな気持ちを持ってはいけない、
ということもあるでしょう。


ですがもし、その恨んでいたり憎んで
いたりといった気持ちがパニック障害に
繋がっているとしたら・・・


そのまま我慢し続けていくのは、パニック障害の
完治を遠くさせてしまう要因になってしまいます。


間違えてしまってはいけないことなのですが、


それは、


感謝の気持ちと憎む恨む気持ちは分けて考える


ということがポイントになるんですね。


その人に対し、感謝の気持ちと憎む恨む気持ちを
そのまま両方抱えているのが葛藤になり、
ジレンマとなります。


ですので、感謝すべき気持ちはそれ、憎む恨む
気持ちはそれと個々に分けて考えてみる。


「あぁ、私はこの人のことを憎んでいる」

「殺してしまいたいほど恨んでいる」


と、気持ちを否定せずに、ただ肯定してみる。


素直に気持ちを認めてみると、ふっとこころが
楽になります。


大事なことは、実際にその人に危害を加える
行動をすることではなく、ただその気持ちを
認めて感じてみるだけ
なんですね。


まずは、今の気持ちを肯定してみませんか?


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたは絶対に悪くありません
◆あなたのパニック障害はこころの傷が原因?
◆嫌われたくない気持ちがパニック障害を長引かせる
2014.02.07 10:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ未分類「悪の感情」はパニック障害に影響を与えます。












管理者にだけ表示