1/26はオープンセミナーの開催日です。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


1/26に開催するオープンセミナー


「パニック障害を『完治』させる
       折れないこころの作りかた」



ですが、いよいよあと数日に迫ってきました。


開始は10:30~より、受付開始は10:15からですので、
ご参加される方はお間違いないように余裕を持って
お越しくださいね。


一応メインは講義形式として、体感して頂く
イメージワークなども取り入れていきます。


ですが、参加の人数によっては講義はなるべく
軽くして、より参加者の方々と交流を図れる
ものにしようかな?と思っています。


とても良い機会ですので、カウンセリングまでは
いきませんが、現状などお話をお聴きして、
場合によってはアドバイスや完治させていく
うえでのコツなどをお伝えしようと思います。


そう、パニック障害を完治させるためには、
ある「コツ」を掴んでおくと、よりよく前に
進んでいくことができるんですね。


その「コツ」の正体は、セミナー内でお話
しようと思います。


もしかしたら、ここではお話できないこと
なども、お話してしまうかもしれません。


それは「オープンセミナー」というライブな
空間ならではのものですね。


私三木も一人の人間ですので、持ち上げられると
色々としゃべり過ぎてしまうかも?(笑)


関東近郊にお住まいの方で、1/26の午前が空いて
いる方は、ぜひ遊びにいらしてください。


付き添いの方がいらっしゃる場合が、その旨
お知らせ頂ければ、お席を用意しますので。


1/26セミナーのお申込みは、どうぞ
こちらからお願いいたします。

===================

1月26日開催!
「パニック障害『完治』の秘訣
        オープンセミナー


詳細は下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓

    セミナー詳細はこちら

===================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆数秒で過呼吸を解消する方法とは?
◆パニック障害完治を邪魔するこころのクセとは?
◆パニック障害はストレス耐性の弱い人を狙います
2014.01.23 10:00 | スウィーニーのサービス | トラックバック(-) | コメント(2) |
トップページスウィーニーのサービス1/26はオープンセミナーの開催日です。

 いつも読んでいます。私は九州在住ですので残念です。関東はカウンセリングや整体もよいところがあるので羨ましいです。

 私は、美容室映画館等社会的拘束は完全克服しました。私は、自力で克服したので10年程かかりましたが、先生の記事を読めば社会的拘束の完全克服は100%数年で克服可能です。
 社会的拘束の最初は、違和感を感じながらの行動ですが、慣れると違和感もなくなりパニック発症前の状態に戻れます。ここまでくると、かなり日常生活の支障や不安はなくなります。
 私の場合、あとは、飛行機、新幹線等の物理的拘束を克服できるようにしたいです。私的には、物理的拘束克服=パニック障害完治だと思いますし、社会的拘束の克服からパニック障害完治に向けての
スタートラインだと思います。長文失礼しました。

2014.01.23 20:14 URL | 煌太楼 #- [ 編集 ]

>煌太楼さん

いつもお読み頂きましてありがとうございます。

また、コメントも頂きましてありがとうございます。

>社会的拘束の克服からパニック障害完治に向けての
>スタートライン

おっしゃる通りだと思います。

このブログを通し、読みに来て頂いた方に少しでも
完治に向けてのお役に立てれば幸いだと思っております。

物理的拘束からの解放、煌太楼さんであれば
乗り越えられる日がきっと来ることでしょう。

いつもありがとうございます。


三木ヒロシ

2014.01.26 15:33 URL | 三木ヒロシ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示