SSRIを服用するメリットとデメリットとは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が起こったとき、医師から処方される
代表的な薬が、


“SSRI”


です。


製品名としてはパキシルやルボックス、デプロメールが
ありますので、あなたも現在服用している、もしくは
名称は聞いたことがあるかもしれませんね。


薬の服用には一長一短があり、メリットもあれば
デメリットもあるんですね。


薬を服用するメリットとしては例えば、パニック発作を
抑えたり、うつ状態を軽くする、不安感を無くす、
などです。


デメリットとしては、副作用がある、服用を中止した際
離脱症状を引き起こす可能性がある、などです。


正直な話、薬の服用には個人差があり、副作用が出ない、
離脱症状が軽い、ということもあります。


現在は、一度飲んでみて、身体に合うようであれば
そのまま量を調整したり期間を設けるなどを行います。


身体に合わないと判断した場合は、違う薬を
服用して様子を見る、というのが一般的ですね。


さて、パニック障害の代表的な薬である
SSRIですが、この薬も個人差がありますので、
一概に必ず効果あり、とは言えません。


そしてもちろん、代表的な薬ではありますが、
メリットとデメリットがあるんですね。


まず、メリットですが、


・パニック発作そのものを抑える働きがある

・予期不安や抑うつ状態を軽くする

・他の薬に比べて副作用が軽くなりやすい



などです。


最近では、広場恐怖が中程度であればSSRIは
効果がある、ということも言われています。


続いてデメリットですが、


・副作用が発生する可能性がある

・長く服用すると離脱症状がキツくなる可能性がある

・吐き気、下痢などの体調不良を起こす可能性がある



となっています。


私、三木は薬の服用について否定派ではありませんし、
かといって賛成派でもありません。


パニック障害を完治していくために、
薬と上手に付き合えるのであれば、
付き合うのも一つの方法
だと考えています。


ガマンして無理してまで服用することは無いと
思っていますが、服用の際、どうも苦しく
なったり辛い症状が出た場合、遠慮せず
担当の医師にその旨を伝えましょう。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害の代表的な薬について
◆誰も教えない薬による治療4つのステップとは?
◆その薬はあなたを壊してしまうかもしれない
2013.12.25 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識SSRIを服用するメリットとデメリットとは?












管理者にだけ表示