パニック発作から一瞬で抜け出す裏ワザとは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作が起きたとき、それを乗り越える
方法というのはいくつかあります。


このブログでも何回かお話していますが、例えば
生年月日や名前を口に出して言う、といった頭を
働かせることや、水を飲むといった簡単なこと
などですね。


今日お話する方法というのは、身体にある刺激を
与えることで、パニック発作からの脱却を図る
ものなんですね。


では、その方法は?と言いますと、


“輪ゴムを使ってパニック発作から脱却する方法”


というものです。


特に難しいことはありませんので、輪ゴムさえあれば
どこでも試せる方法です。


やり方の流れですが、


1)輪ゴムを手にはめておく

2)発作が起きたとき輪ゴムを引っ張り「パチン」とする


という、ただこれだけです。


輪ゴムであれば何でもかまいません。


ここで言う「刺激」というのはちょっとした「痛み」
のことなんですね。


激しい痛みではありませんが、パニック発作から意識を
逸らすには十分に効果があるものです。


慣れてくれば自分自身で輪ゴムを「パチン」と
できるのですが、最初は発作が頭から離れません
ので、誰かに引っ張ってもらったほうが良いでしょう。


ポイントとしては、発作が起きてから行うと
いうよりは、発作の前触れがあったときに、
「パチン」とするのが効果的
でしょう。


発作に深く入り込まず、その手前で輪ゴムに
よって止めれば、その後の展開が楽になりますので。


右手、左手どちらでも構いませんので、輪ゴムを
てにはめておく習慣をつけておくと良いですね。

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆効率よくパニック障害の改善を促す方法とは?
◆パニック発作の恐怖に打ち勝つこころを作る方法とは?
◆呼吸の仕方をマスターするとパニック障害は解消します
2013.12.23 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法パニック発作から一瞬で抜け出す裏ワザとは?












管理者にだけ表示