薬はいつまで飲み続ける必要があるのか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたがいま薬を服用している場合、
一体いつまで飲み続けるのか?
気になることだと思います。


先が見えない不安もあることでしょう。


飲むことに抵抗を少なからず感じている
かもしれませんね。


実は、薬を服用する期間に明確な
答えはありません。



担当の医師によって、身体の状態など
考慮しながら飲む期間が決められます。


ですが、大体の目安というものはあります。


その目安とは、


ある程度発作が収まり不安が減っている状態にあるか?


ということです。


場合によっては、
薬を飲む期間が長くなってしまうかもしれません。


そんなときは焦らずに、


今薬を飲んでいるのはパニック障害完治に向けての投資だ


という考え方をしてみるのが良いでしょう。


パニック障害の完治・克服への道は
いかに治療を継続していくのか?


というのが大切です。


薬を服用しながらカウンセリングを並行して
いくのは大変に効果的です。


そして、将来的には自分自身をコントロールできる
状態になる必要があります。


それはすぐに達成できるものではなく、
ある程度の継続期間が必要となるものなんですね。


今はコツコツと完治への投資をしていけば、
きっと大きな成果となってあなたに還元されます。


諦めなければ必ず「当然」完治・克服します。


あなたがパニック障害から解放される日は
必ずきますよ。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害に薬は必要か?
◆パニック障害に適したカウンセリングがあります。
◆カウンセリングに重大な3つの効果とは
2013.03.14 22:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識薬はいつまで飲み続ける必要があるのか?












管理者にだけ表示