真逆の考えでパニック障害完治を目指す方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


“ショック療法”という、一つの確立された
療法があります。


これは、ある種の衝撃(ショック)や身体的な
ストレスを感じさせることで、症状の緩和を
はかる、といった方法です。


今はショック療法を掲げた治療施設も少なく
なりましたが、荒療治ともいえるものですね。


ショック療法のように実際に身体的なショックを
与えることは無いのですが、パニック障害に
有効な、荒療治に近い方法があります。


それは、


考えられる最悪の状態をイメージする


という方法です。


例えば、もしあなたがパニック障害のため
電車に乗れないとしましょう。


最悪の状態というのは個人差がありますので、
一概に断定できませんが、考えられる最悪の
シナリオをイメージしてみます。


それは、電車の中でパニック発作のため
呼吸が荒くなり、電車内の全員があなたを
凝視していることでしょうか?


または、電車内で助けを求められず大きく震え、
失禁をしてしまっている場面でしょうか?


このように、あなたにとってパニック発作の状況
での最悪をイメージしてみるんですね。


そして、イメージしてその状態を感じてみたとき、


「果たして本当にそうなるのか?」


と質問を自分に投げかけてみます。


最悪の状態をイメージしながら質問を投げ、
考えるうちに、あなたの思考は最悪には
ならないという答えを探し始めます。



嫌だ嫌だと思っていた状態をわざと逆にイメージ
することで、だんだんと頭が冷静になって
いくんですね。


あなたは今までパニック発作が起きたとき、
それを切り抜けてきたと思います。


切り抜けてきたことは、これからも切り抜けて
行けますし、切り抜けられます。



この真逆の思考法をやっていくうちに、
切り抜けてきた自信の方がちょっとずつ
最悪のイメージに勝っていくんですね。


ある程度パニック発作への耐性がついてきたとき、
この方法は良い効果を生むことがあります。


今日は今までとはちょっとだけ観点の違う、
荒療治のお話でした。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたを苦しめる予期不安を無くすテクニックとは?
◆パニック発作を軽減させるアイテムとは?
◆ガンバルのを止めるとガンバレる?
2013.11.20 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて真逆の考えでパニック障害完治を目指す方法とは?












管理者にだけ表示