パニック発作は焦りで止まらなくなります。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたは普段から
焦りやすいということはありませんか?


どんなこともそうですが、


「焦り」


という気持ちが働くと、物事がうまく
運びにくくなります。


身体は緊張し、頭は回りづらくなり、呼吸は乱れ、
適切に自分自身をコントロールするのが
難しくなってしまいます。


パニック発作もそうですが、この「焦り」が
絡んでくるとうまく抑えることが出来にくく
なるんですね。


パニック発作が起きたとき、この「焦り」が
働くと、不安感や恐怖感、緊張感などが
強くなってしまい、コントロール不能の
状態に陥ってしまいます。


そこで、もしあなたが焦りを感じやすく、
パニック発作に飲み込まれそうになったとき、


“息を吐き出す”


ことに集中してみてください。


一旦お腹にある空気を外に全て放出する、
肺の中をカラッポにするイメージで、
息を口から吐き出してみてください。


肺の中から空気が抜けると、あとは自動的に
多くの空気を吸えるようになるんですね。


過呼吸などそうですが、息を吸おう吸おうと
意識を集中するあまり、肺の中に空気が
たくさん残っていることに気が付きません。


ですので、まずは息を口から吐き出すこと
だけに集中する。


これは普段から呼吸法を練習していると、
とっさのときに自然と出来るようになります。


身体が呼吸に慣れているので、当たり前のように
セルフコントロールが出来るんですね。


焦りを感じパニック発作が起きそうになったら
息を吐き出す。



ぜひ、普段から意識してみてくださいね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「気が狂ってしまうのでは」と心配なあなたへ
◆「破局的な見かた」がパニック障害完治を左右します
◆パニック発作の心配をすぐに解消する方法とは?
2013.11.10 10:00 | パニック時の対処法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック時の対処法パニック発作は焦りで止まらなくなります。












管理者にだけ表示