パニック障害がカウンセリングで和らぐ理由とは?その3

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


これまでに、カウンセリングの効果として
カタルシス効果とバディ効果、2つあげてきましたね。


カウンセリングによってこころが軽くなる、
2つの効果でした。


※参考 ⇒ カタルシス効果
    ⇒ バディ効果


今日はその3つ目の効果についてお話をします。


カウンセリングを受けていくうちに、クライアントの
中で色々な気づきや今まで抑えていたもの、抑圧
してきたことなどがわかってくるようになります。


現在、クライアントの中で問題となっていること、
そのものの根本的なことが徐々に明確になっていき、
明るみに浮きあがってくるんですね。


根本が徐々に明確になっていく過程で、自分の中で無意識に
封印してきたことに気づいたり、カウンセラーと話を
していく中で思考が整理され統合されていくような状態を、


“アウェアネス効果”


と言います。


これは「気づき」や「理解」というような意味があります。


「私の悩みはここからきていたんだ」


といったような気づきを促していき、自己理解が
進みカウンセリングそのものの効果が高まる
ものなんですね。


人間は知らず知らずのうちに、色々なことを抑圧したり、
抑え込んで生きています。


ですが中には、もう不用なものなのに抑圧したままに
なっていることや、不必要に抑圧してしまっている
こともあるんですね。


そういったものを解除していき、自分自身を整えて
いく働きがあるのが“アウェアネス効果”です。


いかがでしたか?


今日まで3回にわけて「カウンセリング3つの効果」
をお話してきました。


カウンセリングを受けるとこのような効果があるのか、
と思って頂けたら幸いです。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆あなたのパニック障害はこころの傷が原因?
◆嫌われたくない気持ちがパニック障害を長引かせる
◆そのトラウマがパニック障害を引き起こす
2013.11.09 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリングパニック障害がカウンセリングで和らぐ理由とは?その3












管理者にだけ表示