パニック障害がカウンセリングで和らぐ理由とは?その2

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


昨日はカウンセリング3つの効果の
一つとして、カタルシス効果
お話しましたね。


浄化作用というような意味を持ち、
非常に大切なものとお話をしました。


今日はカウンセリング効果の2つ目に
ついてお話をします。


2つ目の効果、それは、


“バディ効果”


というものです。


「バディ」というのは聞きなれない用語かも
しれませんが、仲間や相棒、親友といったような
意味があるんですね。


この“バディ効果”というのはどのような
効果なのか?


それは、クライアントがカウンセラーに今まで
隠してきたこと、深い内面のことなどを話した
ことにより、危険は無く安心を感じられる
効果のことです。


クライアントのお話をカウンセラーが理解、共感し、
分かり合えた時、そこには大きな繋がりが生まれます。


「私は一人ではない、わかってくれる人がいる」


というような感覚、まるで仲間や相棒を
手に入れたかのような仲間意識的な感覚
のことなんですね。


人間として生活している中で、一番耐えることが
できない感覚があります。


それは、孤独なんですね


孤独というのは人を苦しめ、一番精神的な
病理を引き起こすものです。


ちなみにですが、「孤独」と「一人ぼっちが好き」
という感覚は、意味がまったく違うものです。


人間は一人ポツンとしても生きていけますが、
孤独というのは生きていくことができません。


“バディ効果”というのは、そういった孤独を打消し、
自分一人だけではないという感覚をもたらすものです。


カウンセリングから“バディ効果”を感じる
ことができれば、凍てついたこころが解け、
温かさを感じられるようになります。


次回は、カウンセリング効果の3つ目を
お話しますね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害になぜカウンセリングが必要なのか?
◆そのカウンセラーで大丈夫ですか!?
◆カウンセラーを選ぶとき知っておくべき3つのこと
2013.11.07 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリングパニック障害がカウンセリングで和らぐ理由とは?その2












管理者にだけ表示