パニック障害と太陽光との関係

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


脳内の神経伝達物質に


「セロトニン」


というものがあります。


この「セロトニン」は、こころと身体を調子の
バランスを保ったり、落ち着いたこころを
形成する働きをします。


問題なくスムーズな活動が出来ていれば別ですが、
不規則な生活だったり過度のストレスがかかると、
「セロトニン」は不足していってしまいます。


すなわち、意欲の停滞やスムーズに活動できない
状態に陥りやすくなってしまうんですね。


この「セロトニン」は過度に不足させず
上手に保つ必要があります。


実は、この「セロトニン」という物質は
他の神経伝達物質と違い変わった特徴があります。


それは、


太陽の光を浴びると分泌量が増える


というものです。


朝起きたときに太陽の光を浴びると、
そこから「セロトニン」は活発に
分泌されるようになります。


睡眠の質が悪く目覚めが悪い場合は、
体内時計が狂っているかもしれません。


そして「セロトニン」自体も不足している
可能性があります。


こころと身体のバランスを保つために、
良質な睡眠をとることをこころがけ,
太陽の光を浴びてスッキリと活動しましょう。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆質の良い睡眠のための5つのルール
2013.03.09 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害と太陽光との関係












管理者にだけ表示