パニック発作は睡眠の良し悪しで左右されます。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


睡眠というのは、動物であれば
とても大切なものですね。


人間も、もちろん動物ですので、
睡眠は切っても切れない大切なものです。


睡眠があまり良く取れていないと、その日一日、
ぼーっとしてしまったり集中力を欠いたり、
やる気が起きず気分が滅入りやすくなります。


睡眠というのは身体の疲れを癒したり、筋肉の緊張を
解したりする効果がありますが、こころの安定を保つ
効果もあるんですね。


パニック発作も睡眠が良く取れているか?いないか?
によって発症率が変わってきます。


これは、睡眠によって取れるべき身体の疲れや
緊張、こころの静まりなどがなされないため、
常に身体は不安定状態になっているためなんですね。


睡眠薬、睡眠導入剤などは上手に利用すれば効果が
現れますが、できるだけ薬は利用したくない、という
声もよく聞きます。


そこで、ちょっと見落としがちな部分、もしかしたら
睡眠に至るまでの途中に眠れなくさせている原因が
あるかもしれないんですね。


眠れなくさせている原因として考えられるものは、


1)眠る直前までTVやPC,スマートフォンなどを使用している

2)眠る1時間くらい前に食事や間食をしている

3)眠る前や1時間くらい前にカフェインを摂っている

4)眠る前まで大きな音で音楽を聴いている


となっています。


特に食事や間食は、胃に負担をかけてしまうので、
出来るだけ眠る3時間前には済ませておきましょう。


意外と気づいていないことが多いので、
振り返ってみてくださいね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆睡眠に悪影響を与えること
◆質の良い睡眠のための5つのルール
◆あなたにとって適切な睡眠時間は?
2013.10.30 10:00 | パニック障害の基礎知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の基礎知識パニック発作は睡眠の良し悪しで左右されます。












管理者にだけ表示