パニック発作の耐性を作る「イメージ呼吸法」とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


以前、何回かこのブログでも


「呼吸法」


についてお話してきましたね。


※参考

身体の緊張を素早く緩める方法


「呼吸法」というのはとてもシンプルなパニック発作の
改善法ですが、しっかり取り組めばとても大きな
効力があります。


そんな「呼吸法」ですが、より深く身体からの緊張を
取り除き、リラックスを促進させるやり方があります。


それは、


“イメージ + 「呼吸法」”


というものなんですね。


イメージ、もしくは空想力というのは、
人間に与えられた素晴らしい力です。


人はイメージの持ち方一つで、嫌な気分になったり
不安になったり心配になったり簡単にできます。


逆に、良いことや楽しいこと、嬉しいことを
イメージすると、気分が軽くなったり明るく
なったりしますよね。


この「イメージ呼吸法」というのは、明るい気分が
湧き立つようなイメージを描きながら、呼吸法を
行うというものです。


早速そのやり方ですが、


1)出来るだけ無音の環境で気分が明るくなる
  イメージを描く

2)イメージを思い描きながら呼吸法を行う

3)身体がリラックスするのを感じながら5~6回繰り返す


では順に説明をしていきましょう。


1)出来るだけ無音の環境で気分が明るくなる
  イメージを描く



目を閉じて、気分が明るくなること、例えばパニック障害が
解消され気軽に外出している姿、美容院に髪をカットしに
行く姿、心地よく外を散歩している姿、などですね。


出来るだけ、パニック障害が完治した後の姿を
思い描き、楽しい気分を味わっているものが
良いでしょう。


2)イメージを思い描きながら呼吸法を行う


良いイメージは思い描けましたか?そのイメージを
保ったまま、呼吸法を行います。


鼻から息をゆっくりと6~8秒くらいかけて
吸い込みます。


思いきり吸い込んだら一旦そのまま呼吸を2秒ほど止め、
今度は口から8~10秒くらいかけて吐き出します。


3)身体がリラックスするのを感じながら5~6回繰り返す


イメージしながらゆったりとした呼吸を繰り返し、
身体が解れていくのを感じながら続けましょう。


出来れば、朝・昼・晩と行うことができると
良いでしょう。


難しい場合には出来るだけ時間を決めて、
少しだけ長めに行うと良いですね。


この呼吸法のコツは、空想を楽しみながら行う
ということです。


ぜひ、実践してみてくださいね^^


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「パニック障害を克服する!」絶対的な自信を持つ方法とは?
◆完治に向けて爆発的な加速力を生むイメージの力とは?
◆たった5分で自然にリラックスできる方法とは?
2013.10.19 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法パニック発作の耐性を作る「イメージ呼吸法」とは?












管理者にだけ表示