パニック発作が起こるのを上手く避けるコツとは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の急性期には、パニック発作が
頻繁に起こります。


1日に1回以上は起こる人が多いと
言われているんですね。


急性期を過ぎ慢性期に入ってくると、今度は
発作が少し減ってくる代わるに予期不安や
広場恐怖が増え、他の病と併発する可能性も出てきます。


予期不安などそうですが、もしパニック発作が
起こりそうだ・・・と感じてきたら、それを
上手く避けるコツがあります。


そのコツとは何か?ですが、


それは、


“パニック発作から思考を切り離す”


というものです。


パニック発作の予感がすると、どうしても
意識自体がパニック発作に向いてしまいます。


「パニック発作が起こりそう・・・」と考え、
「パニック発作が怖い、嫌だ」と意識して集中してしまう。


頭の中はパニック発作が起こること一色に
なってしまうんですね。


これを違う情報、違うことを意識することに
切り替えてみるものです。


意識を違うことに向けさせる方法は色々ありますが、
一つの方法として、


眼球運動をしながら目に入った情報を意識する


というものがあります。


鼻から息を吸い、口からゆっくり吐くいう
深呼吸をしながら、目だけを左右上下に
動かして、目に映ったものを意識してみます。


例えば、家の中でパニック発作の予感がしたとき、
ゆっくり深呼吸をしながら目動かし色々なものを
意識します。


「あ、この本の内容は確か〇〇だったよな」

「あのクッションは去年プレゼントでもらったな」

「冷蔵庫の中に何が入っていたっけ?えーと・・」


といったように、目に映ったものを意識的に
考えてみます。


パニック発作に意識を向かわせず違うことに
集中していけば、上手くいくと数分で気持ちが
落ち着いてきます。


大切なことは、深呼吸をしながら眼球運動を
することです。


普段から慣れておくと、いざというときに
役立ちますよ。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆身体の緊張を素早く緩める方法
◆「気が狂ってしまうのでは」と心配なあなたへ
◆突然パニック発作に襲われたときの対処法
2013.10.13 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法パニック発作が起こるのを上手く避けるコツとは?












管理者にだけ表示