カウンセラーを選ぶとき知っておくべき3つのこと。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治させるためには
カウンセリングが有効、ということを
以前何度かお話しましたね。


カウンセリングは確かに有効なのですが、
カウンセリングも色々な系統があり、
内容も様々なんですね。


じっくりと話を聴きながら自己洞察を促していくもの、
感情にスポットを当て解放していくもの、思考の歪み
を矯正していくもの、など様々です。


もちろんどのカウンセリングも素晴らしいのですが、
その技法や療法は担当するカウンセラーによって
左右されてしまうことがあります。


技法自体は素晴らしいのですが、カウンセラーの力量で
あったり人柄であったり、人間観などで技法そのものに
影響がある場合もあるんですね。


ここでは良いカウンセラーに巡り合うための
ちょっとした3つのポイントをお話しますね。


その3つとは、


1)話をじっくりしっかり聴いてくれるカウンセラーであるか?

2)いきなり話を遮ってアドバイスをしてこないか?

3)最初から自分の得意とする心理療法を用いてこないか?



というものです。


順番に説明をしていきましょう。


1)話をじっくりしっかり聴いてくれるカウンセラーであるか?


意外にも、話半分でしか聴いていないカウンセラー
もいます。


話の内容よりも、自分が会得した心理療法を
使うことに頭がいっている場合、上の空で
話を聴いていることがあります。


数分しか話を真剣に聴いていなくはないか?ちゃんと聴いている
素振りを見せているか?適度な質問が来るか?など、話を聴く
ことに集中しているか?見極めるのも大切なことです。


2)いきなり話を遮ってアドバイスをしてこないか?


カウンセラーによってはいきなりアドバイスを
してくることもあります。


アドバイス自体は悪いことではありませんが、
まずはしっかりと受け止めるだけの広さが
カウンセラーには必要なんですね。


もちろん、あなたがアドバイスが欲しいという
ことであれば何ら問題はありません。


問題なのは、クライアントが必要としてはいない
ことをカウンセラーの判断で与えてしまうことです。


それにより、クライアントの思考がぶれてしまい、
完治までの道のりが遠くなってしまう場合があるんですね。


そうならないためにも、いきなりアドバイスを
言ってこないか?見極めましょう。


3)最初から自分の得意とする心理療法を用いてこないか?


様々な心理療法を使う前には、しっかりとお話を聴いて
内容を理解し、それに合わせた適切なものを使う必要
があります。


それをおろそかにして、自分が専門に習った療法を
使うことだけ考えているカウンセラーもいます。


先ほども言いましたが、心理療法自体は各種あれ
素晴らしいものです。


ですが、それを使うまでの流れというのがやはりあります。


まずは話をしっかりと受け止めてくれるカウンセラー
であるか?確認しましょう。


カウンセラー、カウンセリングは有効に使えば
高い効果を望めるものです。


これからカウンセリングを受ける、カウンセラーを
探す際、ぜひ頭に置いといてくださいね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆カウンセリングをためらっているあなたへ
◆カウンセリングのメリットとデメリットとは?
◆話をきちんと聴いてもらえるとパニック障害は解消します
2013.09.02 15:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(4) |
トップページパニックのカウンセリングカウンセラーを選ぶとき知っておくべき3つのこと。

こんにちは。助けてください。
15年前に鬱病を患い、入退院を繰り返しました。10年前に薬もなくなり、病院とも縁が切れたと思ったのですが2年前にパニック障害を発病。
そしてこの1年間で痙攣発作を三回起こして意識を失っています。
解離性痙攣だろうとのことですが、パニック障害でここまでなりますか?
最近では催眠療法を試してみようかと思うのですが、効果はあるのでしょうか??

2013.09.10 17:29 URL | ひめこ #- [ 編集 ]

ひめこさん

コメントを頂きましてありがとうございます。

パニック障害により痙攣というケースはまず考えられませんね。

もしかしたらですが、てんかんなどの別症状の可能性がございます。
文面では判断つきかねますので、一度脳神経科などの受診を
おすすめいたします。

催眠療法は素晴らしいセラピーですが、心理療法の効果というのも
ある程度個人差がございます。

確実な効果が期待できるとは確約することはできませんが、
ご興味があれば一度受けてみて頂くのがよろしいかな?
と思います。

ありがとうございます。


三木ヒロシ

2013.09.11 19:47 URL | 三木ヒロシ #- [ 編集 ]

ご返信ありがとうございました。
脳波、CT受けたのですが、異常も見つからず...余計不安になっていました。
元主人がてんかんを患っていたのですが、脳波では異常を示さないことが多かったようです。子供も三人いてますので、てんかんだと遺伝が心配です。
痙攣発作からますます人混みと電車が怖くなってしまいました。
催眠療法、来週火曜日に受けてみようかと思いますが、注意点などありますでしょうか?

2013.09.11 21:16 URL | ひめこ #- [ 編集 ]

ご返信ありがとうございます^^

そうですね、注意点と言えるかはわかりませんが、
セラピーを受けるうえでちょっとしたポイントがございます。

1)出来るだけリラックスして望む
2)セラピストを信じる

というものです。

1は、多分催眠誘導の時点でリラックスできてくるかと
思いますが、極端に緊張などせずに身を委ねるような
感じがよろしいかと思います。

肩の力を抜いて、呼吸を整えて、など、
リラックスできることが望ましいですね。

2は、とりあえずはそのセラピストを信じる、
ということですね。
もしかしたら催眠導入中に「ん!?」と思うような
言動があるかもしれませんが、身とこころを委ねて
みましょう。

とりあえず信じてみることで、催眠の効果が
変わってくる場合がありますので。

どうぞ、少しでも気楽な気持ちで受けてみてくださいね^^

2013.09.11 23:54 URL | 三木ヒロシ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示